テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

「ミステリーゾーン HD版 シーズン2」第12話「縄」

トワイライトゾーン

はじめに

「ミステリーゾーン」(原題「The Twilight Zone」)は、日本で1960年代に放送されていたアメリカ製作のドラマシリーズ。
脚本家のロッド・サーリングがホスト(案内役)を務める1話30分完結方式のSFドラマで、アメリカでは1959年から1964年までCBSで放送されていました。
今年の1月から「スーパー!ドラマTV」で高解像度バージョンが放送されているのを知り、シーズン1の終盤から視聴開始。不思議な味わいのストーリー良し30分という尺良し60年代のレトロな雰囲気良し…ということで視聴継続決定。
シーズン2以降は最初から見ることができたので、せっかくなので番組データや感想をまとめておくことにしました。ネタバレおおいにありなのでこれから見る予定がある方はご注意ください。

不思議な物語が決して不思議ではなくなる世界。
空想の力によってのみ知ることのできる謎の世界。
ではミステリーゾーンのお話をこのテレビでご覧ください。

「ミステリーゾーン」OPナレーションより

放送データ

「ミステリーゾーン HD版 シーズン2」
第12話「縄」
Dust
 
死刑囚となった息子を救おうと、父親はある行商人から魔法の粉を手に入れる。
 
出演:トーマス・ゴメス、ジョン・ラーチ、ウラジミール・ソロコフ
脚本:ロッド・サーリング
監督:ダグラス・ヘイズ
 
放送日:2021/02/07(スーパー!ドラマTV)
オリジナル放送日:1961/01/06(米CBS)

声の出演

久米明
熊倉一雄 北村弘一 田中信夫 矢田稔
斉藤尚子 香西恵太 園田昌子 田辺浩一

コメント(ネタバレ有)

縄
llustrated by Shinobu Yoshino

西部の荒れ果てた町。事故で住民の子供を死なせてしまった男、ルイスがまさに絞首刑に処されようとしていた。行商人のサイクスは死刑執行人に絞首刑用の縄を売る。一方で彼はひろい集めた土をルイスの父親に「魔法の粉」と言って売りつける。この粉をまけば住民に愛と良心がめばえ、死刑囚も許されるというのだ。
死刑が執行されようとした時、ルイスの父親は息子を許してくれるよう呼びかけながら必死に「魔法の粉」をまくが、無情にも死刑は執行されてしまう。しかし父親が死刑台の方を振り返ると、不思議なことに新品のロープが結び目の上で切れており、ルイスは地面に落ちただけで一命をとりとめていた。
もう一度死刑をやり直すか聞かれた死んだ子供の父親は、ルイスは十分に苦しんだし、これは神のご意思に違いないと言ってやり直しを望まなかった。命拾いをしたルイスと父親は家に帰っていった。
一部始終を見ていたサイクスは、最後に「魔法の粉」の代金を貧しい子供たちに放ってやると、笑いながら去っていくのだった。
太って汚くて下品だが一変の良心を感じさせるサイクスのキャラクターが素晴らしい。【吉】