テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

「ミステリーゾーン HD版 シーズン2」第1話「キング・ナイン号帰還せず」

トワイライトゾーン

はじめに

「ミステリーゾーン」(原題「The Twilight Zone」)は、日本で1960年代に放送されていたアメリカ製作のドラマシリーズ。
脚本家のロッド・サーリングがホスト(案内役)を務める1話30分完結方式のSFドラマで、アメリカでは1959年から1964年までCBSで放送されていました。
今年の1月から「スーパー!ドラマTV」で高解像度バージョンが放送されているのを知り、シーズン1の終盤から視聴開始。不思議な味わいのストーリー良し30分という尺良し60年代のレトロな雰囲気良し…ということで視聴継続決定。
シーズン2以降は最初から見ることができたので、せっかくなので番組データや感想をまとめておくことにしました。ネタバレおおいにありなのでこれから見る予定がある方はご注意ください。

不思議な物語が決して不思議ではなくなる世界。
空想の力によってのみ知ることのできる謎の世界。
ではミステリーゾーンのお話をこのテレビでご覧ください。

「ミステリーゾーン」OPナレーションより

放送データ

「ミステリーゾーン HD版 シーズン2」
第1話「キング・ナイン号帰還せず」
King Nine Will Not Return

第二次世界大戦のさなか、兵士は突然砂漠で目覚める。彼の横には墜落した飛行機はあるものの、仲間たちの姿はない。そんな彼の頭上を飛んでいくのは、ジェット機のようなのだが……。

出演:ロバート・カミングス、ポール・ランバート、ジェナ・マクマホン
脚本:ロッド・サーリング
監督:バズ・キューリック

放映日:2021/2/1(スーパー!ドラマTV)
オリジナル放映日:1960/9/30(CBS)

声の出演

久米明
名古屋章 湊俊一
中曽根雅夫 山田早苗

コメント(ネタバレ有)

キング・ナイン号帰還せず
llustrated by Shinobu Yoshino

1943年、第2次世界対戦中のアフリカ。爆撃機「キング・ナイン」が砂漠に不時着する。機長が意識を取り戻すと、自分一人しかおらず他の乗組員が見あたらないことに気づく。
砂漠の中をさがしまわるうち、彼は乗組員の墓を見つける。また上空を飛ぶジェット機に気づくが、自分がなぜ当時まだ開発されていないジェット機を知っているのか理解できず、混乱して気絶する。
シーンは変わって1960年の病院。機長は病院のベッドの上で砂漠の幻覚をみていたのだった。二人の医師が、彼の幻覚は、戦時中行方不明になっていたキング・ナインが発見されたという新聞記事が引き金となったのだろうと話し合っている。彼はキング・ナインに乗り組むはずだったが直前に体調を崩し別の機長が交代していた。医師たちは生き残った罪悪感が彼に幻覚を見せるのだろうと結論づけた。
しかし看護師が彼の服を整理していると、彼の靴から砂漠の砂がこぼれ落ちるのだった。

機長が乗組員を探し回るあいだ感情が千々に乱れるが、絶望したりこれは夢だと自分に言い聞かせたりと長い時間迷走が繰り返されるので視聴者はどういう感情をもって視ればいいのかだんだん戸惑ってくる。シーズン2の初回がこれか。どうしたロッド・サーリング。【吉】