道玄坂小路|映像の中の渋谷

古い映画やドラマの中から
昭和の渋谷の風景を探しています。

道玄坂小路

東京都渋谷区道玄坂2
文化村通りと道玄坂を結ぶ道。

目次

映画「狂熱の季節」

1960
狂熱の季節

明(川地民夫)とユキ(千代侑子)は道玄坂小路にあるジャズ喫茶「デュエット」で外国人相手のスリをはたらいているが、これを柏木(長門裕之)に通報され明達は逮捕される。店外に連行される明とユキ。後ろの電信柱に現存するそば処「福田屋」の看板が見える。

作品データ

映画「狂熱の季節」
監督:蔵原惟繕
1960(昭和35)年/日活
出演:川地民夫、郷鍈治、松本典子、千代侑子、長門裕之

鑑別所帰りの明が富裕層の文子と出会ったことで、彼女の人生に再生不能な傷跡を残していく。刹那的に生きる明と難しい理屈で自らを追い詰めていく文子の対比。
富裕層の描き方がカリカチュアライズされすぎで、明の過剰に奔放な演技と併せて滑稽に見えてしまう点はあるが勢いのある映画だ。戦災復興とオリンピックで建設まっさかりの渋谷、いたるところが工事中だ。【福】

映画「黒い太陽」

1964
黒い太陽

道玄坂小路のジャズ喫茶「デュエット」で休憩していた明(川地民夫)とギル(チコ・ローランド)だが、ちんどん屋風の扮装をしていたために地元のチンピラに因縁をつけられ逃走する。
明たちを追うチンピラたち。後方に「デュエット」の看板。

作品データ

映画「黒い太陽」
監督:藏原惟繕
1964(昭和39)年/日活
出演:川地民夫、チコ・ローラント、藤竜也

教会の廃墟に一人暮らす明(川地民夫)。そこへ殺人を犯した手負いの黒人脱走兵ギル(チコ・ローランド)が機関銃を持ち逃げ込んでくる。ジャズ好きで黒人に親近感を持つ明はギルと親しくなろうとするがギルは警戒心を解かず明に銃を突きつけたままだった。次第に傷が悪化するギル。ある日廃墟の解体が始まり住む場所を失った明は盗んだ車でギルと逃避行を始める。
登場人物の名前とキャスト、ジャズをベースにした点など「狂熱の季節」の兄弟的な位置づけの作品だが、前作に比べ暴力的な要素は少ない。【福】


東京福袋の吉野 忍が 2002年に渋谷で撮影した写真とその20年後の2022年に同じ場所で撮影した写真をまとめた「東京些末観光:渋谷定点観測02-22」も併せてどうぞ。

目次