あたり荘|映像の中の渋谷

古い映画やドラマの中から
昭和の渋谷の風景を探しています。

あたり荘

東京都渋谷区渋谷3-19
現「プリメーラ道玄坂」の位置にあった連れ込み宿。映画撮影に協力的であったかロケ地となることが多い。

目次

映画「踏みはずした春」

1958
踏みはずした春

笠原(小林旭)に、母親(田中筆子)が働いている会社で働くことを持ちかける奎子(左幸子)。銀座線渋谷車庫(現渋谷マークシティ)横の坂。道玄坂1-14付近。左にネオンが見える「あたり荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ

映画「踏みはずした春」
監督:鈴木清順
1958(昭和33)年/日活
出演:左幸子、小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、殿山泰司

映画「狂熱の季節」

1960
狂熱の季節

明(川地民夫)・勝(郷鍈治)はユキ(千代侑子)と外国人の客を乗せ銀座線渋谷車庫横の坂の上にある連れ込み宿に向かう。連れ込み宿の「あざみ荘」は現プリメーラ道玄坂(渋谷区道玄坂1-15-3)の位置にあった「あたり荘」。「勝利と敗北」(1960)で同旅館の実名が出ていたことから特定。

作品データ

映画「狂熱の季節」
監督:蔵原惟繕
1960(昭和35)年/日活
出演:川地民夫、郷鍈治、松本典子、千代侑子、長門裕之

鑑別所帰りの明が富裕層の文子と出会ったことで、彼女の人生に再生不能な傷跡を残していく。刹那的に生きる明と難しい理屈で自らを追い詰めていく文子の対比。
富裕層の描き方がカリカチュアライズされすぎで、明の過剰に奔放な演技と併せて滑稽に見えてしまう点はあるが勢いのある映画だ。戦災復興とオリンピックで建設まっさかりの渋谷、いたるところが工事中だ。【福】

映画「大冒険」

1965
大冒険

偽札偽造団の車が植松(植木等)を轢き殺そうとして追い回す。道玄坂一丁目、銀座線車庫(現渋谷マークシティ)横の坂。左にネオンが見える「あたり荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ

映画「大冒険」
監督:古澤憲吾
1965(昭和40)年/東宝
出演:植木等、谷啓、団令子、ハナ肇、犬塚弘、石橋エータロー、桜井センリ、安田伸、越路吹雪

国際的なニセ札偽造団が問題になっていた。週刊トップの記者植松唯人(植木等)と隣人の発明家谷井哲介(谷啓)は日本にもニセ札が上陸しているのを発見、植松の書いた記事は大スクープになった。一方警察の花井刑事部長(ハナ肇)、乾刑事(犬塚弘)、市橋刑事(石橋エータロー)は植松が知らずに使った一万円札がニセ札だったことから偽造団の一味と勘違いして植松の追跡を開始する。偽造団の東京地区の責任者、金融会社森垣金融の森垣久美子(越路吹雪)は植松の命を狙う一方日本からの撤退を図り、人質として警察のスパイの疑いがある谷井の妹悦子(団令子)を拉致して移動を始める。植松と谷井は悦子のコンパクトに仕込んでいた発信機の信号を追って名古屋、神戸、さらには偽造団の潜水艦の艦内と移動、警察がこれを追う。偽造団に発見された植松と谷井は処刑されそうになるがその時……。
クレージー・キャッツ結成10周年記念映画だけに予算が潤沢、アクションシーンや特撮がたっぷりの見応えのある作品。【福】

映画「街から街へつむじ風」

1961
街から街へつむじ風

病院の事情に口出しをする正木晋一(石原裕次郎)が疎ましい副院長(小高雄二)は正木を屋上に呼び病院から引き取るように告げる。それを監視するヤクザの杉浦(土方弘)。
田村医院(現「大下ビル」道玄坂1-16-5)屋上からの風景という設定だが、周囲の建物の位置関係から渋谷区道玄坂1-11-4あたりからの撮影と推測される。
左手の「一楽」は現「ソシアル道玄坂」(道玄坂1-14-9)。「あたり荘(「た」は変体仮名)」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ

映画「街から街へつむじ風」
監督:松尾昭典
1961(昭和36)年/日活
出演:石原裕次郎、芦川いづみ、中原早苗

留学先のドイツから帰ってきた正木晋一(石原裕次郎)は父親(宇野重吉)の薦めで父の友人田村(東野英治郎)の病院を手伝うことになる。晋一が田村医院を訪れると院長は持病に苦しみ、息子の副院長(小高雄二)は過去の手術の失敗で自信を失い、さらにヤクザが副院長の失敗をネタに地上げをしかけてくる有り様。正木は病院をヤクザから守るため活躍する。
ところどころ入れてくる笑いどころは余計だし、いろいろ都合の良いストーリー展開も甘く、気楽に裕次郎のかっこよさを見るための映画。【福】

映画「青春前期 青い果実」

1965
青春前期 青い果実

外出先で会った河合奈津子(太田雅子=現・梶芽衣子)を避ける椎ノ木武志(太田博之)だが、奈津子はどこまでもついてくる。
武志は銀座線車庫(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-12-1)横の坂を上る。前方にみえる「あたり荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ

映画「青春前期 青い果実」
監督:堀池清
1965(昭和40)年/日活
出演:太田博之、太田雅子(現梶芽衣子)、吉村実子、山岡久乃、初井言榮、高橋とよ、佐野浅夫、内藤武敏

広島から転校してきた椎ノ木武志(太田博之)は無口で笑顔を見せない影のある少年。同級生の河合奈津子(太田雅子=梶芽衣子)はそんな彼に惹かれていた。やがて親しくなった二人は、武志の叔父中瀬安芸男(内藤武敏)が働く乗馬クラブへ馬を見に行く約束をする。母親(山岡久乃)に夜間の外出を厳しく止められた奈津子は家を抜け出して約束の場所へ向かうが、そこで3人の大学生に暴行されてしまう。奈津子は事件を忘れようとするが、教師(初井言栄)から親たち、親たちから生徒たちに噂が広まっていく。【福】

映画「明日を賭ける男」

1958
明日を賭ける男

箱根にたつ白藤守彦(岡田眞澄)と梅林ルカ(中原早苗)を送る小林典子(浅丘ルリ子)と彼女が勤める連れ込み旅館「潮風荘」。
背後に「五島プラネタリウム」「東急百貨店東横店」が見える。奥は銀座線渋谷車庫横の坂(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-12-1横)。
「潮風荘」はこの後の複数のシーンで映る周囲の店舗から、現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)の場所にあった「旅荘あたり荘」と特定した。

明日を賭ける男

小林典子(浅丘ルリ子)が勤める連れ込み旅館「潮風荘」に、宝くじの偽の持ち主富永(西村晃)とお澄(菅井きん)が現れる。旅館を飛び出した典子を追う富永。
背後の「旅館たつ田」「若松」「のなか」から、左の「潮風荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)の場所にあった「旅荘あたり荘」と特定した。現「渋谷マークシティ」(道玄坂1-12-1)横の坂の上のあたり。

作品データ

映画「明日を賭ける男」
監督:西河克己
1958(昭和33)年/日活
出演:浅丘ルリ子、川地民夫、大坂志郎、中原早苗

美容学校の講師白藤守彦(岡田眞澄)と学生の梅林ルカ(中原早苗)は連れ込み旅館の女中小林典子(浅丘ルリ子)に宝くじの当落を確認しに行ってもらう。典子は宝くじ売り場で働く父(横山運平)に当落を確認してもらい、10等の50円を受け取る。だがこれは見間違いで、実は1等の200万円が当選していたのだ。父親がそれに気づいて典子が勤める旅館に連絡するも時すでに遅く、守彦とルカは箱根に旅立ってしまった後だった。典子の父は誰かに取られるのを恐れ、胸につけたお守りの中に当たりくじを隠した。
一方守彦が勤める美容学校では理事長の白藤賢良(十朱久雄)が学校の拡張を目論んでいたが、土地が弟で用務員を勤める元ボクサー大四郎(大坂志郎)の名義になっていることがハードルとなっていた。大四郎は生き別れになった息子が帰ってきた時のことを考えて土地を持ち続けていたのだ。
そんな時、大四郎のもとに生き別れの息子が大阪でボクサーをしているとの知らせが入る。薫(川地民夫)の試合を見た大四郎はひと目で自分の息子だと確信する。彼は美容学校の自分の土地にジムを建てることを夢見るようになる。【福】

映画「勝利と敗北」

1960
勝利と敗北
勝利と敗北

旗(本郷功次郎)の両親(潮万太郎、村田知英子)に会いに行く峰岸(山村聡)。両親は連れ込み宿を経営している。連れ込み宿は実在の旅館「あたり荘」(現「プリメーラ道玄坂」道玄坂1-15-3)。背後のステンドグラスに「ATARISO」の文字があり、この後外観も映るので実際の内観とみてよさそうだ。ビリヤード場があったようだ。

勝利と敗北

経営する連れ込み宿「あたり荘」に訪ねてきた峰岸(山村聡)を見送りに出る旗(本郷功次郎)の母親きよ(村田知英子)。前のシーンで内部のビリヤード場が映っており、門の前にも「玉突あり」の看板が出ている。

勝利と敗北

経営する連れ込み宿「あたり荘」に訪ねてきた峰岸(山村聡)を見送りに出る旗(本郷功次郎)の母親きよ(村田知英子)の後ろ姿。場所は銀座線渋谷車庫横の坂。電柱に「富士見台街」の表示が光る。右側が実在の旅館「あたり荘」(現「プリメーラ道玄坂」道玄坂1-15-3)。遠方に「東急百貨店東横店」が見える。

作品データ

映画「勝利と敗北」
監督:井上梅次
1960(昭和35)年/大映
出演:川口浩、本郷功次郎、若尾文子、野添ひとみ、安部徹、山村聰、新珠三千代

日本ライト級チャンピオン佐々木五郎(金子繁治)が試合でタイトル防衛後突然引退を表明した。各ジムからは次期チャンピオン候補が次々と名乗りを上げた。峰岸謹平(山村聡)のジムからはベテラン山中(川口浩)が、近藤(見明凡太朗)のジムからは吉川(三田村元)が選ばれた。自分の実力に慢心している峰岸ジムの旗(本郷功次郎)は山中が選ばれたことが面白くなかった。やくざの郷田(安部徹)はこれを利用し旗を自分が関係する松田ジムに引き抜いた。
吉川と山中葉子(野添ひとみ)、山中と阿部志津子(若尾文子)、峰岸と高松小夜子(新珠三千代)の3組の恋愛や、旗をめぐる郷田と峰岸・近藤の戦いを織り交ぜつつ3人の若者のチャンピオンに向けた戦いが繰り広げられる。【福】

映画「夜の勲章」

1963
夜の勲章

夏木瑛子(松本典子)とデートする恋人の医師松井(椎名勝己)は彼女を連れ込み宿に誘おうとするが断られる。二人が歩いているのは銀座線渋谷車庫(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-15)横の坂。ネオンがある連れ込み宿は「あたり荘」(現「プリメーラ道玄坂」道玄坂1-15-3)。

作品データ

映画「夜の勲章」
監督:松尾昭典
1963(昭和38)年/日活
出演:小林旭、小沢昭一、内田良平、星ナオミ、大坂志郎

探偵事務所を開業した阿久根純一(小林旭)の事務所の最初の依頼人は看護婦の夏木瑛子(松本典子)。新宿でホステスをしている姉の伸子(二木佑子)が数日前から行方不明だという。マンションの管理人(原恵子)から最近伸子の様子がおかしくなり、行方不明になる前には軟禁されていたという話を聞き、阿久根は麻薬が関係していることを疑う。彼は国吉刑事(井上昭文)の協力を得ながら捜査を進め、伸子と関係があったクラブの支配人篠村(内田良平)、マジシャンの大原天嶺(小沢昭一)に接触する。【福】


東京福袋の吉野 忍が 2002年に渋谷で撮影した写真とその20年後の2022年に同じ場所で撮影した写真をまとめた「東京些末観光:渋谷定点観測02-22」も併せてどうぞ。

目次