稲荷橋小路|映像の中の渋谷

古い映画やドラマの中から
昭和の渋谷の風景を探しています。

稲荷橋小路

東京都渋谷区渋谷3-19
稲荷橋の由来となった田中稲荷神社の参道に戦後発達したマーケット。戦災復興の区画整理とともに消滅し、六本木通りおよび渋谷駅東口広場になった。現渋谷スクランブルスクエアの一部。

目次

映画「踏みはずした春」

1958
踏みはずした春

奎子(左幸子)のもとで更生しようとする笠原(小林旭)だが、子分のトンガリ(野呂圭介)が梶田(宍戸錠)の一派に絡まれているのを見つけ、再び暴力沙汰を起こしてしまう。喧嘩の舞台は東横線の高架と渋谷川にはさまれた稲荷橋小路。前後のシーンに登場する「鳥駒」「青柳」「渋谷棋院」等の看板から場所を特定。中央を歩いているのは左幸子。くるくる模様のバッグが可愛い。

踏みはずした春

稲荷橋付近の喧嘩のシーン。背後に飲食店が並ぶ。左手に喧嘩を見つめる左幸子。前後のシーンに登場する「鳥駒」「青柳」「渋谷棋院」等の看板から稲荷橋小路と特定。

作品データ

映画「踏みはずした春」
監督:鈴木清順
1958(昭和33)年/日活
出演:左幸子、小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、殿山泰司

映画「狂熱の季節」

1960
狂熱の季節

明(川地民夫)の朝の様子が描かれる。牛乳配達夫が配達した牛乳をポストから盗んで次々と飲み干すシーンの背後に「東急文化会館」が映っている。明がいるのは渋谷駅の南東、渋谷川に近い田中稲荷神社参道沿いの稲荷橋小路(渋谷2-24から3-19あたり)。戦災復興の区画整理とともに消滅し、六本木通りおよび渋谷駅東口広場になった。現「渋谷スクランブルスクエア」の一部。一連のシーンで映る「鳥駒」「青柳すし」「よしこ」「トキ」「重むら」等の店名、鳥居から場所を特定。

狂熱の季節
狂熱の季節

明(川地民夫)が稲荷橋小路を歩くシーン。戦災復興の区画整理とともに消滅し、六本木通りおよび渋谷駅東口広場になった。現「渋谷スクランブルスクエア」の一部。一連のシーンで映る「鳥駒」「青柳すし」「よ志古」「トキ」「重むら」等の店名、鳥居から場所を特定。

作品データ

映画「狂熱の季節」
監督:蔵原惟繕
1960(昭和35)年/日活
出演:川地民夫、郷鍈治、松本典子、千代侑子、長門裕之

鑑別所帰りの明が富裕層の文子と出会ったことで、彼女の人生に再生不能な傷跡を残していく。刹那的に生きる明と難しい理屈で自らを追い詰めていく文子の対比。
富裕層の描き方がカリカチュアライズされすぎで、明の過剰に奔放な演技と併せて滑稽に見えてしまう点はあるが勢いのある映画だ。戦災復興とオリンピックで建設まっさかりの渋谷、いたるところが工事中だ。【福】

映画「燃える肉体」

1957
燃える肉体

比沙子(筑波久子)は稲荷橋小路の飲み屋「大河」に勤めることとなる。
「重むら」「入らっしゃいませ」「万字」等の店名、鳥居から場所を特定。

燃える肉体

比沙子(筑波久子)が田中稲荷神社で願掛けをしていると、彼女を追ってきた戸上(宍戸錠)の姿を見かける。
稲荷橋小路から東横線高架下に入る箇所。中央は東横線高架の橋脚。上に「稲荷橋小路」の表示がある。

作品データ

映画「燃える肉体」
監督:小杉勇
1957(昭和32)年/日活
出演:水島道太郎、筑波久子、宍戸錠、広岡三栄子

稲葉比沙子(筑波久子)は戸上錠(宍戸錠)から逃れ上京する。孤児院時代世話になった陶芸家島竜一郎(水島道太郎)のもとに一度は身を寄せるが、錠に居場所を知られた比沙子は島のもとを去り、酒場の手伝いや踊り子などを転々とする。
いろいろご都合主義な展開や回収されない伏線などストーリーに問題は多いが、開発まっさかりの50年代渋谷が見られる貴重な作品。【福】


東京福袋の吉野 忍が 2002年に渋谷で撮影した写真とその20年後の2022年に同じ場所で撮影した写真をまとめた「東京些末観光:渋谷定点観測02-22」も併せてどうぞ。

目次