峯岸ビル|映像の中の渋谷

峯岸ビル

古い映画やドラマの中から
昭和の渋谷の風景を探しています。

峯岸ビル

東京都渋谷区渋谷3-19
宇田川町21-6にあった商業ビル。屋上のナショナルのネオンが特徴。1999年建替えにより「QFRONT」となった。

映画「真昼の誘拐」

1961
真昼の誘拐

右端の電光掲示板は「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6 )、「うたごえ全集」「週刊朝日」のネオンが並んで光っているビルが「大盛堂書店」が入っている「七店街ビル」(現「渋谷西村總本店ビル」宇田川町22−1)、中央奥の交差点は道玄坂下交差点でその先端にあるのが「洋品店ミツマル」(現「SHIBUYA109 渋谷店」道玄坂2-29-1)、「丸南」は洋裁生地店「マルナン」(現「サンドラッグ​渋谷​道玄坂​下​店」道玄坂2-5-1)、その左の色々なネオンがついているのが戦後建てられたマーケット「大林百貨店」(現「渋谷駅前ビル・大外ビル」道玄坂2-3)。

作品データ

映画「真昼の誘拐」
監督:若杉光
1961(昭和36)年/日活
出演:高橋英樹、中尾彬、沢本忠雄、武内悦子、奈良岡朋子、山内明

映画「宇宙快速船」

1961
宇宙快速船

地球人の防御手段「エレキバリヤ」を打破すべく攻撃をしかける海王星人。攻撃されているのは峯岸ビル。

作品データ

映画「宇宙快速船」
監督:太田浩児
1961(昭和36)年/ニュー東映
出演:千葉真一、水上竜子、小宮光江、江原真二郎

宇宙科学者の立花真一(千葉真一)が主催する少年宇宙研究会のメンバーがある日着陸した宇宙船と宇宙人を目撃。あわや宇宙人に襲われそうになったところを謎のヒーロー、アイアン・シャープに救われる。その頃世界中で機会な現象がおこり、それは少年たちが目撃した海王星人のしわざと判明する。宇宙科学研究所を襲おうとする海王星人の攻撃と地球人の防衛が始まった。
真面目に見るとつっこみどころが多い。映画の出来には期待しないほうがよいが街の破壊シーンの特撮は見もの。【福】

映画「銀座の若大将」

1962
銀座の若大将

マネージャー江口敏(江原達怡)の伴走で田沼雄一(加山雄三)がロードワークをするシーン。銀座線渋谷車庫横の坂を上る。左手に銀座線渋谷車庫、左奥のナショナルの広告があるのが「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)。中央の赤いビルは京王線渋谷駅、ここから銀座線渋谷車庫の一帯が「渋谷マークシティ」(道玄坂1丁目12−1)となった。その右には「東急百貨店東横店」の赤いマークと「東横」の文字が見える。右手の空き地の遠方には「東急文化会館」(現「渋谷ヒカリエ」渋谷2-21-1)のプラネタリウムのドームが。

作品データ

映画「銀座の若大将」
監督:杉江敏男
1962(昭和37)年/東宝
出演:加山雄三、有島一郎、中真千子、飯田蝶子、星由里子、団令子、田中邦衛

京南大学の音楽部員田沼雄一(加山雄三 )は新聞部の団野京子(団令子 )に付き合って広告をとりに行った洋裁店らべるで店員の中里澄子(星由里子 )に見初められる。ある日拳闘部のマネージャー江口敏(江原達怡)が他大学との喧嘩に巻き込まれ、雄一がこれを助けたことから雄一は拳闘部に勧誘され、教授(左卜全)や祖母(飯田蝶子)の勧めもあり入部することになる。だが父の久太郎(有島一郎)は雄一がボクシングをすることに反対で、久太郎の友人島川金五郎(上原謙)のレストランに雄一を住み込みで働かせることを強引に決める。雄一のレストラン勤務と拳闘部の合宿の苦しい日々が始まる。一方レストランの隣にあるらべるの店員澄子と雄一は関係が深まっていく。【福】

映画「警視庁物語 顔のない女」

1959
警視庁物語 顔のない女

冒頭渋谷の街からハチ公前広場までが映し出される。中央で建設中なのが峯岸ビル(現「QFRONT」宇田川町21-6)。その左が七店街ビル(現「渋谷西村總本店ビル」宇田川町22-1)。峯岸ビルの隣が「渋谷日活」と「渋谷松竹」(「現西武渋谷店A館」宇田川町21-1)。右下の三和銀行の一帯は現「MAGNET by SHIBUYA109」(神南1-23-10)。

作品データ

映画「警視庁物語 顔のない女」
監督:村山新治
1959(昭和34)年/東映東京
出演:松本克平、神田隆、堀雄二、南廣、花澤徳衛、山本麟一、須藤健、佐原広二、片山滉、岩上瑛 、佐久間良子、沢村貞子、加藤嘉 、菅井きん

荒川土手でバラバラ死体の胴体部分が発見される。別々の場所からその他の部分も見つかるがなかなか身元が割れない。死体の顔から摘出された義歯と美容整形で隆鼻手術に使う象牙を手がかりに捜査を進める刑事達。歯科医の証言で被害者はキャバレーの女給小沢初江と判明。荒川に何かを投げ込もうとしていたところを目撃された車の持ち主の男、初江と関係のあった男などを追うがいずれも真犯人ではなかった。「事件当夜仙ちゃんと云う男に車を貸した」という車の持ち主の妻の証言から米倉仙三という男が捜査線上に浮かび上がる。
7人の刑事達が足を使ってコツコツ捜査する「警視庁物語」シリーズの第9話。「マニキュアやペディキュアをしている女性は売春婦」という偏見、水上生活者、ダルマ船の酒場、ハンカチタクシーといった当時の風俗が描かれている。車の持ち主の妻に杉村春子、歯科医に加藤嘉、被害者が住んでいたアパートの大家に菅井きん、被害者が愛用していた訪問販売の化粧品会社の販売部長に高橋とよ…と脇役がやけに豪華な一作。【福】

映画「その人は昔」

1967
その人は昔

青年(舟木一夫)と洋子(内藤洋子)が上京した最初のシーン。渋谷駅前の空撮。左上を横切るのが山手線、画面を横断しているのが銀座線の車庫に向かう路線と井の頭線。赤い屋根が井の頭線渋谷駅。左上の山手線をまたぐ白い建物が「東急百貨店東横店東館・西館」。足元にハチ公前広場が広がる。銀座線の向こうの赤い看板の建物は「渋谷駅前会館」(現存、道玄坂1-3-1)、その向こうが「渋谷東急ビル」(のちに「渋谷東急プラザ」、現「渋谷フクラス」道玄坂1-2-2、)。中央の黄色い「サントリー」の看板は「渋谷駅前ビル」(現存、道玄坂2-3)、ナショナルの看板は「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)。建設中なのは「西武渋谷店A館」。

作品データ

映画「その人は昔」
監督:松山善三
1967(昭和42)年/東宝
出演:舟木一夫、内藤洋子、山中康司、大木徹三

北海道の漁村で暮らす青年(舟木一夫)と洋子(内藤洋子)は、貧しい暮らしに嫌気がさし2人で上京する。最初は力を合わせながら暮らしていた2人だったが、青年は賭け事にうつつをぬかし、洋子は裕福な男性(山中康司)と付き合うようになる。結局既婚者であった男性に捨てられた洋子は青年のもとに戻ろうとするが…。
内藤洋子のヒット曲「白馬のルンバ」が聴ける。脳を揺らすような摩訶不思議なデュエット曲「恋のホロッポ」はクセになる。原作が「レコードドラマ」(音楽と音声のドラマでストーリーを構成したものか?)であったせいか、全体的にストーリーが希薄でイメージビデオのような印象。音楽担当の船村徹の演歌調のテイストが全編を支配し、ロック調やジャズ調の曲も垢抜けなさがぬぐえない。【福】

映画「警視庁物語 十代の足どり」

1963
警視庁物語 十代の足どり

ラストシーン、全ての捜査が完了し署に戻る刑事たち。山手線沿いの道路を恵比寿方面から渋谷に向かう。山手線との高低差から渋谷区東1丁目あたりか。正面に「東急百貨店東横店」のシルエットがみえる。その左、ナショナルのネオンが輝くのは「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6 )。

作品データ

映画「警視庁物語 十代の足どり」
監督:佐藤肇
1963(昭和38)年/東映東京
出演:堀雄二、神田隆、花沢徳衛、南廣、須藤健、山本麟一、大木史朗、小川守、新井茂子、田村雪枝

多摩川の河原で高校生松本みどり(佳島由季)の死体が見つかる。目撃者(佐藤晟也)によれば前夜背の高い学生風の男と歩いていたという。友人への聞き込みでみどりは最近知り合った大学生の木元五郎(砂塚秀夫)大石勉(小林稔侍)と交友関係があったことが明らかになる。大石にアリバイがあったため捜査主任(神田隆)らは素行の悪い木元五郎を署に呼んで話を聞くが…。
十代の性の問題を題材にした作品。目撃者の本屋の店員役、佐藤晟也が明るい大男を演じていてよい。【福】

映画「丘は花ざかり」

1963
丘は花ざかり

野呂(二谷英明)にふられ、野崎(川地民夫)からもつれなくされた香山美和子(浅丘ルリ子)は同僚の山本(高田敏江)が飲んでいる渋谷のおでん屋に向かう。
渋谷駅前交差点の夜景。左側「週刊サンケイ」と赤い縦書きの「大興証券」の看板は戦後建てられたマーケット「大林百貨店」(現「渋谷駅前ビル」「大外ビル」道玄坂2-3)。その後ろの赤く丸いネオンは道玄坂の「渋谷東宝」(現「渋東シネタワー」道玄坂2-6-17)。白く光っているビルは「長谷川スカイラインビル」(現「ヤマダデンキ LABI 渋谷店」道玄坂2-29-20)、「パウリスタ」は「栄蘭ビル」(現「マツモトキヨシ渋谷Part2店」宇田川町23-4)、赤い縦書きの「宮田の家具」、白い「西村フルーツパーラー」「千野時計店」は「七店街ビル」(現「渋谷西村總本店ビル」宇田川町22-1)、「森永の洋菓子」は「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)。

作品データ

映画「丘は花ざかり」
監督:堀池清
1963(昭和38)年/日活
出演:浅丘ルリ子、川地民夫、二谷英明

大学新卒の香山美和子(浅丘ルリ子)は出版社東洋評論社に入社する。香山は同僚の野崎正也(川地民夫)から告白され彼女も野崎に好意を感じていたが、それ以上に編集長の野呂真三(二谷英明)に惹かれている。香山の姉高畠信子(桂木洋子)には夫(松下達夫)がいたが、PTAの関係で知り合った妻帯者の石山春雄(山内明)との仲が進行している。一方石山はバーのマダム白川朝子(渡辺美佐子)を愛人としていた。
香山と野呂・野崎の恋愛、石山と高畑・白川の恋愛が進んでいく中で、現代的な価値観をもつ女性香山美和子は色々なことを学んでいく。
妻を亡くした野呂の家に平気で数日泊まり込む香山の感覚や、ラスト近く香山を諭す野呂のロジックなど色々受け入れ難い点がある。野崎がずっとかわいそう。川地民夫が可愛げのあるさわやかな青年を演じている。【福】

映画「アリバイ」

1963
アリバイ

渋谷駅に出た畑中部長刑事(二谷英明)、佐川刑事(宮口精二)、高橋刑事(高品格)は渋谷駅前で雑誌を売る犠牲者の妻子をみかける。
背後に見えるのは「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)。

アリバイ

ラストシーン。
渋谷駅前交差点の夜景。左側ネオンが集積しているのは戦後建てられたマーケット「大林百貨店」(現「渋谷駅前ビル」「大外ビル」道玄坂2-3)。その後の丸いネオンは道玄坂の「渋谷東宝」(現「渋東シネタワー」道玄坂2-6-17)。「マタンゴ」を上映中のようだ。各階が白く光り屋上に縦長のネオンがあるのは「長谷川スカイラインビル」(現「ヤマダデンキ LABI 渋谷店」道玄坂2-29-20)、「東亜」は現「ハイマンテン渋谷ビル」(宇田川町23-5)。「TEXTILE WORLD TOA」と名称を変更し神南で現在も営業中。「渋谷西村」「森永の洋菓子」は「七店街ビル」(現「渋谷西村總本店ビル」宇田川町22-1)、一番右は「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)。

作品データ

映画「アリバイ」
監督:牛原陽一
1963(昭和38)年/日活
出演:二谷英明、 小高雄二、 渡辺美佐

経理士が自宅で銃殺され、現場から100万円の小切手が紛失した。畑中部長刑事(二谷英明)は拳銃の出どころを追ううち拳銃ブローカーの大野(小高雄二)という男に行き着く。警察は大野が犯人と目星をつけるが、大野には同時刻にある薬局にいたという目撃者がおり、また店内からは大野の指紋も検出された。一方小切手の発行主から汚職担当の捜査二課が長年目をつけていた中央貿易公司社長の呉羽(陶隆)が浮かび上がり、事件は複雑さを増していった。
警視庁協力のもと作られた本作は当局に配慮したためか堅実さはあっても今ひとつスリルに欠ける。【福】

映画「女の座」

1962
女の座

次男次郎(小林桂樹)の経営する中華料理屋に三女路子(淡路恵子)、四女夏子(司葉子)、五女雪子(星由里子)が集まり手伝いもせず青山(夏木陽介)と談笑しているので次郎の妻蘭子(丹阿弥谷津子)が不機嫌になるシーンの後、次郎の店がある設定の渋谷の街が映る。中央のナショナルのネオンが輝くのは峯岸ビル(現「QFRONT」宇田川町21-6)。酒場「東風」は現在のところ場所が特定できていない。

女の座

四女夏子(司葉子)の見合いのシーンの前に窓から見た渋谷の街が映る。
渋谷駅西口方面から見たアングル。右端が「東急百貨店東横店」、その左のナショナルのネオンがあるのは「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)、その左の塔状の建物は「七店街ビル」(現「渋谷西村總本店ビル」宇田川町22−1)、左端の「タカラヤ」の垂れ幕があるのは「渋谷駅前会館」(現存、道玄坂1-3-1)。中央に車庫に向かう銀座線が見える。

作品データ

映画「女の座」
監督:成瀬巳喜男
1962(昭和37)年/東宝
出演:高峰秀子、杉村春子、笠智衆、草笛光子、司葉子、小林桂樹

石川家の父金次郎(笠智衆)は後妻のあき(杉村春子)、亡くなった長男の妻芳子(高峰秀子)、その息子健(大沢健三郎)、四女夏子(司葉子)、五女雪子(星由里子)と暮らし、次女梅子(草笛光子)は離れに暮らしていた。ある日金次郎が倒れ、長女松代(三益愛子)と夫の良吉(加東大介)、次男次郎(小林桂樹)と妻の蘭子(丹阿弥谷津子)、三女路子(淡路恵子)と夫の正明(三橋達也)が集まった。
ある日松代夫婦が経営する下宿に入った六角谷(宝田明)という青年があきの生き別れの息子ということが判明する。長らく独身だった梅子は六角谷に好意を抱くが、一方六角谷は芳子に言い寄っていた。なかなか九州の自宅に帰らず疎まれる路子夫婦、勉学に悩む健、気象庁に勤める青年青山(夏木陽介)に思いを寄せる夏子と雪子、オリンピック道路の開通に伴う立ち退き問題など様々な問題が石川家に起き始める。
いつになく穏やかな杉村春子、一見好男子だが信用がおけない宝田明、悪い人ではないが女性皆に疎まれる三橋達也の演技が冴える。【福】

映画「夜の勲章」

1963
夜の勲章

タイトルバックに東京の繁華街が次々映る中、渋谷駅前交差点の「峯岸ビル」、「大林百貨店」、地下街入口が映る。右側「ナショナル」のネオンのある建物が「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)、「中華料理」「週刊大衆」のネオンのある建物が「大林百貨店」(現「渋谷駅前ビル」道玄坂2-3-1)。地下街入口は現渋谷駅A5b出口。

夜の勲章

阿久根(小林旭)は篠村(内田良平)から夏木伸子(二木佑子)との思い出話を聞かされ、彼への疑いを晴らす。
篠村(内田良平)が去っていくのは公園通り。「渋谷区役所」の向かいから駅方向を撮影している。一番右の建物は「渋谷区役所」が建設される前にあった「渋谷社会保険出張所」(現「LINE CUBE SHIBUYA」宇田川町1-1)、その奥が「日本住宅公団宇田川団地」(現「渋谷ホームズ」宇田川町2-1)。左手の奥に「峯岸ビル」(現「QFRONT」宇田川町21-6)のナショナルのネオンが光る。
同一アングルのシーンが「その人は遠く」(1963)にあり、その撮影地点は同映画で店名が写り込んでいた「レストラン ナカタニ」(現「渋谷公園通りNnビル」神南1-7-8)と判明していたため場所を特定した。

作品データ

映画「夜の勲章」
監督:松尾昭典
1963(昭和38)年/日活
出演:小林旭、小沢昭一、内田良平、星ナオミ、大坂志郎

探偵事務所を開業した阿久根純一(小林旭)の事務所の最初の依頼人は看護婦の夏木瑛子(松本典子)。新宿でホステスをしている姉の伸子(二木佑子)が数日前から行方不明だという。マンションの管理人(原恵子)から最近伸子の様子がおかしくなり、行方不明になる前には軟禁されていたという話を聞き、阿久根は麻薬が関係していることを疑う。彼は国吉刑事(井上昭文)の協力を得ながら捜査を進め、伸子と関係があったクラブの支配人篠村(内田良平)、マジシャンの大原天嶺(小沢昭一)に接触する。【福】

映画「抜き射ち風来坊」

1962
抜き射ち風来坊

日本へ梨花(松原智恵子)を連れ帰国した神原(宍戸錠)。二人は日本の休日を楽しむ。
二人が屋上にいるのは「東急百貨店東横店」の屋上にあった時計台の下。シーンの冒頭、井の頭線・銀座線車庫方面から渋谷駅前交差点までの眺望がパンで映される。
宇田川町一帯の俯瞰。左端茶色の建物のあたりがが現「SHIBUYA109」あたり、そこから奥へ延びているのが東急本店通り。奥に「東急本店」建設前の「大向小学校」が見える。その右側は「渋谷センター街」で、中央の白いビルは現在の「BODY SHOP」がある「宇田川町サンクスビル」(宇田川町25-8)一帯。右端ナショナルのネオンが「峯岸ビル」(現「QFRONT」、宇田川町21-6)。1963年の航空写真および平凡社「社会科見学パノラマ図鑑 5 (大都会のいとなみ)」(1958)の「東急百貨店」の図から特定。

作品データ

映画「抜き射ち風来坊」
監督:小杉勇
1962(昭和37)年/日活
出演:宍戸錠、松原智恵子、金子信雄

漁船が抑留され韓国に拿捕されていた土門(金子信雄)、秋山(中台祥浩)、神原丈二(宍戸錠)の3人。彼らは脱走を図ったが土門は秋山を傷つけ漁船に乗ってひとりだけ脱走していった。神原は日本人を母にもつ韓国人の梨花(松原智恵子)とその父親に助けられ韓国内に潜伏していたが、秋山は介抱の甲斐なく死亡した。神原は秋山の仇をとることを誓う。ある日梨花と密航に成功し故郷に帰った神原だが、元の仲間の態度は冷たかった。先に帰国し成功をした土門が秋山は神原に殺されたと吹聴していたのだ。土門の部下で秋山の弟の清次(平田大三郎)も神原に復讐する機会を伺っていた。【福】


東京福袋の吉野 忍が 2002年に渋谷で撮影した写真とその20年後の2022年に同じ場所で撮影した写真をまとめた「東京些末観光:渋谷定点観測02-22」も併せてどうぞ。

目次