ラブホテル|映像の中の渋谷

古い映画やドラマの中から
昭和の渋谷の風景を探しています。

ラブホテル

東京都渋谷区

もっぱら2名での性交渉を目的とした予約なしで休憩あるいは宿泊できるホテル。渋谷では円山町、道玄坂1丁目、2丁目を中心に分布し、50〜60年代には旅館の業態をとるものも多く、「連れ込み宿」と呼ばれていた。

目次

映画「一等女房と三等亭主」(1953)

平馬(小林桂樹)は花巻テル(関千恵子)に弟子入りし営業のノウハウを教わる。途中連れ込み宿を見つけた平馬はそれが連れ込み宿とは知らず安いから下宿にしようと言い出す。
この連れ込み宿は「あたり荘(あ多り荘)」(現「プリメーラ道玄坂」道玄坂1-15-3)、銀座線渋谷車庫(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-15)横の坂の上にあった。遠方に「東急百貨店東横店」が見える。当時提灯を並べた街灯があったことがわかる。

作品データ
映画「一等女房と三等亭主」
監督:小森白

1953(昭和28)年/新東宝

出演:伊藤雄之助、轟夕起子、小林桂樹

海山夏子(轟夕起子)は元ミス東京で現在は美容界の大物。一方、夫の千吉(伊藤雄之助)は冴えない勤め人。ある日夏子の弟の平馬(小林桂樹)が職を求めて上京してきた。平馬は千吉の勤め先の販売係花巻テル(関千恵子)に弟子入りをする。一方世界婦人連盟会議から突然夫人(三好栄子)が帰ってきたことに慌てた馬並社長(小川虎之助)は妾のおふね(荒川さつき)にしばらく会えない旨を伝えるよう千吉に命じたが、おふねは内心千吉に惹かれていた。【福】

映画「踏みはずした春」(1958)

笠原(小林旭)に、母親(田中筆子)が働いている会社で働くことをもちかける奎子(左幸子)。銀座線渋谷車庫(現渋谷マークシティ)横の坂。道玄坂1-14付近。左にネオンが見える「あたり荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ
映画「踏みはずした春」
監督:鈴木清順

1958(昭和33)年/日活

出演:左幸子、小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、殿山泰司

日活
踏みはずした春 | 映画 | 日活 一人の非行少年を更生させようとするボランティアの女性が、次第に少年に愛情を抱くようになる…。鈴木清順監督と小林旭が初顔合わせしたほろ苦い青春映画。

映画「明日を賭ける男」(1958)

箱根にたつ白藤守彦(岡田眞澄)と梅林ルカ(中原早苗)を送る小林典子(浅丘ルリ子)と彼女が勤める連れ込み旅館「潮風荘」。
背後に「五島プラネタリウム」「東急百貨店東横店」が見える。奥は銀座線渋谷車庫横の坂(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-12-1横)。
「潮風荘」はこの後の複数のシーンで映る周囲の店舗から、現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)の場所にあった「旅荘あたり荘」と特定した。

小林典子(浅丘ルリ子)が勤める連れ込み旅館「潮風荘」に、宝くじの偽の持ち主富永(西村晃)とお澄(菅井きん)が現れる。旅館を飛び出した典子を追う富永。
背後の「旅館たつ田」「若松」「のなか」から、左の「潮風荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)の場所にあった「旅荘あたり荘」と特定した。現「渋谷マークシティ」(道玄坂1-12-1)横の坂の上のあたり。

父(横山運平)が倒れた知らせを受け、自転車で父のもとに向かおうとする小林典子(浅丘ルリ子)。場所は銀座線渋谷車庫横の坂(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-12-1横)。電柱に多くの映画に映りこんでいる「旅館一楽」の看板が。

作品データ
映画「明日を賭ける男」
監督:西河克己

1958(昭和33)年/日活

出演:浅丘ルリ子、川地民夫、大坂志郎、中原早苗

美容学校の講師白藤守彦(岡田眞澄)と学生の梅林ルカ(中原早苗)は連れ込み旅館の女中小林典子(浅丘ルリ子)に宝くじの当落を確認しに行ってもらう。典子は宝くじ売り場で働く父(横山運平)に当落を確認してもらい、10等の50円を受け取る。だがこれは見間違いで、実は1等の200万円が当選していたのだ。父親がそれに気づいて典子が勤める旅館に連絡するも時すでに遅く、守彦とルカは箱根に旅立ってしまった後だった。典子の父は誰かに取られるのを恐れ、胸につけたお守りの中に当たりくじを隠した。
一方守彦が勤める美容学校では理事長の白藤賢良(十朱久雄)が学校の拡張を目論んでいたが、土地が弟で用務員を勤める元ボクサー大四郎(大坂志郎)の名義になっていることがハードルとなっていた。大四郎は生き別れになった息子が帰ってきた時のことを考えて土地を持ち続けていたのだ。
そんな時、大四郎のもとに生き別れの息子が大阪でボクサーをしているとの知らせが入る。薫(川地民夫)の試合を見た大四郎はひと目で自分の息子だと確信する。彼は美容学校の自分の土地にジムを建てることを夢見るようになる。【福】
日活
読売新聞連載「上と下」より 明日を賭ける男 | 映画 | 日活 拳闘に命を賭ける親子の愛情とボクシングの凄絶さを中心に、二百万円をめぐる人間の哀歓を描く青春アクション篇。

映画「狂熱の季節」(1960)

明(川地民夫)・勝(郷鍈治)はユキ(千代侑子)と外国人の客を乗せ銀座線渋谷車庫横の坂の上にある連れ込み宿に向かう。連れ込み宿の「あざみ荘」は現プリメーラ道玄坂(渋谷区道玄坂1-15-3)の位置にあった「あたり荘」。「勝利と敗北」(1960)で同旅館の実名が出ていたことから特定。

作品データ
映画「狂熱の季節」
監督:蔵原惟繕

1960(昭和35)年/日活

出演:川地民夫、郷鍈治、松本典子、千代侑子、長門裕之

鑑別所帰りの明が富裕層の文子と出会ったことで、彼女の人生に再生不能な傷跡を残していく。刹那的に生きる明と難しい理屈で自らを追い詰めていく文子の対比。
富裕層の描き方がカリカチュアライズされすぎで、明の過剰に奔放な演技と併せて滑稽に見えてしまう点はあるが勢いのある映画だ。戦災復興とオリンピックで建設まっさかりの渋谷、いたるところが工事中だ。【福】
日活
狂熱の季節 | 映画 | 日活 インテリ族とビート族と、二組の若い男女の対比の裡に、虚しく燃焼する現代青春の狂態を鋭い感覚で描破する異色問題篇

映画「勝利と敗北」(1960)

旗(本郷功次郎)の両親(潮万太郎、村田知英子)に会いに行く峰岸(山村聡)。両親は連れ込み宿を経営している。連れ込み宿は実在の旅館「あたり荘」(現「プリメーラ道玄坂」道玄坂1-15-3)。背後のステンドグラスに「ATARISO」の文字があり、この後外観も映るので実際の内観とみてよさそうだ。ビリヤード場があったようだ。

経営する連れ込み宿「あたり荘」に訪ねてきた峰岸(山村聡)を見送りに出る旗(本郷功次郎)の母親きよ(村田知英子)。前のシーンで内部のビリヤード場が映っており、門の前にも「玉突あり」の看板が出ている。

作品データ
映画「勝利と敗北」
監督:井上梅次

1960(昭和35)年/大映

出演:川口浩、本郷功次郎、若尾文子、野添ひとみ、安部徹、山村聰、新珠三千代

日本ライト級チャンピオン佐々木五郎(金子繁治)が試合でタイトル防衛後突然引退を表明した。各ジムからは次期チャンピオン候補が次々と名乗りを上げた。峰岸謹平(山村聡)のジムからはベテラン山中(川口浩)が、近藤(見明凡太朗)のジムからは吉川(三田村元)が選ばれた。自分の実力に慢心している峰岸ジムの旗(本郷功次郎)は山中が選ばれたことが面白くなかった。やくざの郷田(安部徹)はこれを利用し旗を自分が関係する松田ジムに引き抜いた。
吉川と山中葉子(野添ひとみ)、山中と阿部志津子(若尾文子)、峰岸と高松小夜子(新珠三千代)の3組の恋愛や、旗をめぐる郷田と峰岸・近藤の戦いを織り交ぜつつ3人の若者のチャンピオンに向けた戦いが繰り広げられる。【福】

映画「街から街へつむじ風」(1961)

病院の事情に口出しをする正木晋一(石原裕次郎)が疎ましい副院長(小高雄二)は正木を屋上に呼び病院から引き取るように告げる。それを監視するヤクザの杉浦(土方弘)。
田村医院(現「大下ビル」道玄坂1-16-5)屋上からの風景という設定だが、周囲の建物の位置関係から渋谷区道玄坂1-11-4あたりからの撮影と推測される。
左手の「一楽」は現「ソシアル道玄坂」(道玄坂1-14-9)。「あたり荘(「た」は変体仮名)」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ
映画「街から街へつむじ風」
監督:松尾昭典

1961(昭和36)年/日活

出演:石原裕次郎、芦川いづみ、中原早苗

留学先のドイツから帰ってきた正木晋一(石原裕次郎)は父親(宇野重吉)の薦めで父の友人田村(東野英治郎)の病院を手伝うことになる。晋一が田村医院を訪れると院長は持病に苦しみ、息子の副院長(小高雄二)は過去の手術の失敗で自信を失い、さらにヤクザが副院長の失敗をネタに地上げをしかけてくる有り様。正木は病院をヤクザから守るため活躍する。
ところどころ入れてくる笑いどころは余計だし、いろいろ都合の良いストーリー展開も甘く、気楽に裕次郎のかっこよさを見るための映画。【福】
日活
街から街へつむじ風 | 映画 | 日活 父の旧友が経営する病院に勤務することになった青年医師が様々な障害を乗り越えて医院の再建に奔走する。石原裕次郎が熱血医師に扮した痛快アクション。

映画「銀座の若大将」(1962)

田沼雄一(加山雄三 )がロードワーク中、勤務先のレストランのチーフ・コック(大友伸)がチンピラに乱暴されているところを助けるシーン。場所は道玄坂1-15と1-14の間の道。左側の「ホテル一楽」のある場所は「ソシアル道玄坂」(道玄坂1-14-9)。

作品データ
映画「銀座の若大将」
監督:杉江敏男

1962(昭和37)年/東宝

出演:加山雄三、有島一郎、中真千子、飯田蝶子、星由里子、団令子、田中邦衛

京南大学の音楽部員田沼雄一(加山雄三 )は新聞部の団野京子(団令子 )に付き合って広告をとりに行った洋裁店らべるで店員の中里澄子(星由里子 )に見初められる。ある日拳闘部のマネージャー江口敏(江原達怡)が他大学との喧嘩に巻き込まれ、雄一がこれを助けたことから雄一は拳闘部に勧誘され、教授(左卜全)や祖母(飯田蝶子)の勧めもあり入部することになる。だが父の久太郎(有島一郎)は雄一がボクシングをすることに反対で、久太郎の友人島川金五郎(上原謙)のレストランに雄一を住み込みで働かせることを強引に決める。雄一のレストラン勤務と拳闘部の合宿の苦しい日々が始まる。一方レストランの隣にあるらべるの店員澄子と雄一は関係が深まっていく。【福】

映画「夜の勲章」(1963)

夏木瑛子(松本典子)とデートする恋人の医師松井(椎名勝己)は彼女を連れ込み宿に誘おうとするが断られる。二人が歩いているのは銀座線渋谷車庫(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-15)横の坂。ネオンがある連れ込み宿は「あたり荘」(現「プリメーラ道玄坂」道玄坂1-15-3)。

作品データ
映画「夜の勲章」
監督:松尾昭典

1963(昭和38)年/日活

出演:小林旭、小沢昭一、内田良平、星ナオミ、大坂志郎

探偵事務所を開業した阿久根純一(小林旭)の事務所の最初の依頼人は看護婦の夏木瑛子(松本典子)。新宿でホステスをしている姉の伸子(二木佑子)が数日前から行方不明だという。マンションの管理人(原恵子)から最近伸子の様子がおかしくなり、行方不明になる前には軟禁されていたという話を聞き、阿久根は麻薬が関係していることを疑う。彼は国吉刑事(井上昭文)の協力を得ながら捜査を進め、伸子と関係があったクラブの支配人篠村(内田良平)、マジシャンの大原天嶺(小沢昭一)に接触する。【福】
日活
夜の勲章 | 映画 | 日活 麻薬中毒の女性が失踪した事件を追う私立探偵が、やがて謎が謎を呼ぶこの事件の意外な真相に迫っていくミステリー・アクション。

映画「大冒険」(1965)

偽札偽造団の車が植松(植木等)を轢き殺そうとして追い回す。道玄坂一丁目、銀座線車庫(現渋谷マークシティ)横の坂。左にネオンが見える「あたり荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

作品データ
映画「大冒険」
監督:古澤憲吾

1965(昭和40)年/東宝

出演:植木等、谷啓、団令子、ハナ肇、犬塚弘、石橋エータロー、桜井センリ、安田伸、越路吹雪

国際的なニセ札偽造団が問題になっていた。週刊トップの記者植松唯人(植木等)と隣人の発明家谷井哲介(谷啓)は日本にもニセ札が上陸しているのを発見、植松の書いた記事は大スクープになった。一方警察の花井刑事部長(ハナ肇)、乾刑事(犬塚弘)、市橋刑事(石橋エータロー)は植松が知らずに使った一万円札がニセ札だったことから偽造団の一味と勘違いして植松の追跡を開始する。偽造団の東京地区の責任者、金融会社森垣金融の森垣久美子(越路吹雪)は植松の命を狙う一方日本からの撤退を図り、人質として警察のスパイの疑いがある谷井の妹悦子(団令子)を拉致して移動を始める。植松と谷井は悦子のコンパクトに仕込んでいた発信機の信号を追って名古屋、神戸、さらには偽造団の潜水艦の艦内と移動、警察がこれを追う。偽造団に発見された植松と谷井は処刑されそうになるがその時……。
クレージー・キャッツ結成10周年記念映画だけに予算が潤沢、アクションシーンや特撮がたっぷりの見応えのある作品。【福】

映画「青春前期 青い果実」(1965)

外出先で会った河合奈津子(太田雅子=現・梶芽衣子)を避ける椎ノ木武志(太田博之)だが、奈津子はどこまでもついてくる。
武志は銀座線車庫(現「渋谷マークシティ」道玄坂1-12-1)横の坂を上る。前方にみえる「あたり荘」は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

河合奈津子(太田雅子=現・梶芽衣子)と椎ノ木武志(太田博之)が3人の大学生にからまれ、武志は得意の空手で撃退する。
左側背後に「リキ・スポーツパレス」(現「ヒューマックス渋谷ビル」道玄坂1-14-6)の屋上の王冠型モニュメントが、右側に「旅館一楽」(現「ソシアル道玄坂」道玄坂1-14-9)の看板が見える。

作品データ
映画「青春前期 青い果実」
監督:堀池清

1965(昭和40)年/日活

出演:太田博之、太田雅子(現梶芽衣子)、吉村実子、山岡久乃、初井言榮、高橋とよ、佐野浅夫、内藤武敏

広島から転校してきた椎ノ木武志(太田博之)は無口で笑顔を見せない影のある少年。同級生の河合奈津子(太田雅子=梶芽衣子)はそんな彼に惹かれていた。やがて親しくなった二人は、武志の叔父中瀬安芸男(内藤武敏)が働く乗馬クラブへ馬を見に行く約束をする。母親(山岡久乃)に夜間の外出を厳しく止められた奈津子は家を抜け出して約束の場所へ向かうが、そこで3人の大学生に暴行されてしまう。奈津子は事件を忘れようとするが、教師(初井言栄)から親たち、親たちから生徒たちに噂が広まっていく。【福】
日活
青春前期 青い果実 | 映画 | 日活 セックスによる激しいショックを受けた二人の男女高校生の心の交流をクールなタッチで描いた異色純愛大作。

映画「裸でだっこ」(1970)

恋人の武志(青山良彦)に呼び出されたユミ(渥美マリ)はラブホテルへ向かう。
ユミが向かう坂の上のラブホテルは公園通りと神宮通りの間にあった「ホテル渋谷ヒルトップ」(現「フリークスストア渋谷店」、神南1-13-1)。当時の住宅地図から特定した。

作品データ
映画「裸でだっこ」
監督:湯浅憲明

1970(昭和45)年/大映

出演:渥美マリ、古今亭志ん朝、青山良彦、松原マモル、大谷直、梅津栄、大泉滉

ユミ(渥美マリ)、武志(青山良彦)、ケン(大谷直)、トオル(松原マモル)の4人はそれぞれに夢があった。ある日彼らは自分たちの夢を実現するため三百万円を貯める計画をたてる。当初は賞金目当てにダンス大会へ出場などしていた彼らだったが、思うように金が貯まらない彼らは、ユミを使った美人局やインチキ賭博に手を染めだした。【福】

映画「やくざと抗争 実録安藤組」(1973)

銀座でドス健(山本麟一)の一味に報復を受け、顔に大きな傷跡を負った矢頭(安藤昇)とその肩を支える加納(江守徹)。「旅館 一楽」の前で矢頭の幼馴染の早苗(藤浩子)と再会する。

作品データ
映画「やくざと抗争 実録安藤組」
監督:佐藤純彌

1973(昭和48)年/東映

出演:安藤昇、袋正、江守徹、北川恵一、安岡力也、小林稔侍、諸角啓二郎、今井健二、佐藤蛾次郎、深江章喜、室田日出男、佐藤晟也、郷鍈治、内田朝雄、渡辺文雄、藤浩子、山本麟一、八名信夫、松井康子、丹波哲郎

学生やくざ矢頭(安藤昇)は銀座の愚連隊のドス健(山本麟一)と揉め事になり、ドス健は矢頭の子分三吉(佐藤蛾次郎)に刺されて死ぬ。この一件で矢頭の顔には大きな傷跡が残ることになる。当時渋谷の闇市は橋場組と十文字組がとりしきっていたが、矢頭は商人を組織化して橋場組の縄張りを奪うことに成功する。これに対し橋場組は矢頭の店にダイナマイトを投げ込むなど報復をしたが、矢頭が手打ちしたと見せかけたところで子分たちが橋場(諸角啓二郎)に瀕死の重傷を負わせ、橋場組は縄張りを矢頭に譲ることになる。ある日大組織関東桜会会長榊原(内田朝雄)の息子勇吉(郷鍈治)を預かることになった矢頭は、榊原は十文字組と自分たちを対決させたところで渋谷の縄張りを乗っ取ろうとしていると見抜き、十文字組と手を組み勇吉を人質にして関東桜会と対立しようとする。だがこれは矢頭が十文字組を潰そうとする作戦だった。しかし十文字組の方にもまた裏の目論見があった。
矢頭と幼馴染早苗のエピソードが並行して語られるが、とってつけたような話。話の展開も妙におセンチ。【福】

映画「昭和枯れすすき」(1975)

典子(秋吉久美子)の行動を怪しんだ原田(高橋英樹)はひそかに典子の後をつける。典子はラブホテルに入っていく。
典子が入っていく「ホテル・オリエント」はスペイン坂上にある現「シネマライズビル」(宇田川町13-17)。

作品データ
映画「昭和枯れすすき」
監督:野村芳太郎

1975(昭和50)年/松竹

出演:高橋英樹、秋吉久美子、池波志乃、伊佐山ひろ子、鈴木瑞穂、松橋登、下条アトム、稲葉義男

新宿署の刑事原田(高橋英樹)は洋裁学校に通う妹の典子(秋吉久美子)と二人暮らし。だが実は典子は洋裁学校を辞めスナックで働き、チンピラの吉浦(下絛アトム)とつき合う自堕落な生活を送っていた。その噂を耳にした原田が典子の後をつけていくと、昔もてあそばれた男中川(松橋登)とホテルで密会していたことがわかる。一方ある日吉浦が殺され、そばに典子が中川からもらったネックレスが落ちていたことから、原田は典子が犯人ではないかと疑いはじめる。【福】
松竹株式会社
昭和枯れすすき 松竹株式会社の公式サイトです。当社配給の映画作品やアニメ・特撮の劇場作品、OVAおよびテレビ作品の情報をご紹介しています。

映画「ア・ホーマンス」(1986)

道玄坂2-19と2-20の間の道。
遠方右側のラブホテル「ホテル・イースタン」(道玄坂2-21-4)は現存。

作品データ
映画「ア・ホーマンス」
監督:松田優作

1986(昭和61)年/東映

出演:松田優作、石橋凌、手塚理美

大島組と旭会という2つの組織が対立する歌舞伎町に記憶を失った正体不明の男(松田優作)が現れた。
大島組の山崎(石橋凌)は圧倒的な力を持つこの男に興味を持ち、仕事や棲家を世話してやる。そんな時大島組組長が旭会に射殺されるという事件が起き、山崎も、そして男もこの争いに巻き込まれていく。【福】

映画「BU・SU」(1987)

麦子(富田靖子)はサラリーマン(峯のぼる)にラブホテルに連れ込まれそうになる。「ホテルパルゴ」は現「JMFビル渋谷03」(道玄坂2-11)。「ホテルスタークレセント」は現存(道玄坂2-12-5)。

作品データ
映画「BU・SU」
監督:市川準

1987(昭和62)年/東宝映画=日本テレビ放送網

出演:富田靖子、大楠道代、伊藤かずえ、高嶋政宏

森下麦子(富田靖子)は地方から上京し、おば(大楠道代)が営む芸者の置屋で芸者の修行をしながら高校に通う。なかなかクラスメイトに溶け込めない中文化祭の企画を押しつけられた麦子は、ある日八百屋お七の話を知り文化祭でお七を踊ることを思いつく。おばとクラスで目立たない友人(広岡由里子)の協力を得て麦子はお七の練習に取り組み始める。【福】

映画「Let’s 豪徳寺!」(1987)

狛江百合(三田寛子)と大蔵利通(羽賀研二)が渋谷で飲んだ後ラブホテルに向かうシーン。
ホテル「渋谷の街の物語」は現「ホテル・ブランシュ」(円山町2-22)、「ホテル ル・ペイ・ブラン」は現存(円山町2-8)。
狛江と大蔵が入る「ホテル トゥーウェイ」も現存(円山町15-2)。

作品データ
映画「Let’s 豪徳寺!」
監督:前田陽一

1987(昭和62)年/松竹

出演:三田寛子、紺野美沙子、岡安由美子、鈴木保奈美、岸田今日子、村上弘明、羽賀研二

狛江百合(三田寛子)は友人の豪徳寺咲姫(鈴木保奈美)に頼まれ、豪徳寺家で家政婦として働くことになる。超富裕層の豪徳寺家の家族は大奥様の香(南美江)、奥様の雅(岸田今日子)、仕事一徹の長女美姫(紺野美沙子)、男性関係が華やかな舞姫(岡安由美子)など個性豊かな者ばかりだった。【福】
松竹株式会社
Let’s 豪徳寺! 松竹株式会社の公式サイトです。当社配給の映画作品やアニメ・特撮の劇場作品、OVAおよびテレビ作品の情報をご紹介しています。

RELATED LINKS

東京福袋が作成している渋谷と日本映画に関するコンテンツです。こちらもぜひご覧ください。

目次