テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

「M-1グランプリ2003」雑感

埴輪

決勝にはフットボールアワー、笑い飯、アンタッチャブルが残った。
決勝ネタの最後のオチ前のフリで台詞を噛むという失態を演じたが、優勝は下馬評通りフットボールアワー。

アンタッチャブルは、それまで何度か見たことのあるコンビではあったが、とりたてて目立った印象はなかった。
今回は敗者復活戦からの登場。長時間におよぶ寒い中での敗者復活戦を経てきたせいか、テンション高く、やたらと元気。テイストは海砂利水魚(くりぃむしちゅー)のコピー。ツッコミの柴田、本家の上田よりキレのよいツッコミで小気味がいい。上田似の荒っぽい言葉づかい、くどい言い回しはプラスにもマイナスにもなるとみた。
ボケの山崎、落ち着きのない挙動不審な動きは有田によく似ているが、ふっくらとした体型や愛嬌のある顔だちがなんともいえないフラをかもしだしていて◎だ。

昨年、M-1で初めて見た笑い飯。
たたみかける壮絶なボケ合戦の斬新さに強い衝撃を受けた。
「機関車トーマス」ネタにとにかく爆笑。「顔の話」「機関車には顔がアリマス」って一体…。ついつい二人のボケ台詞を真似したくなる面白さ。
西田の茫洋とした風貌がベリーナイスである。
今年は、決勝1本目の「奈良民族博物館」ネタの神懸かり的な完成度に度肝を抜かれる。
喜多郎の「シルクロード」のテーマを口ずさみながら縄文時代の人形を飄々と真似る西田。もうそれだけでOKだ。あとはもう何も要らん。我々的には笑い飯優勝決定である。

携帯の着メロを「シルクロード」に変更し、電話がかかってきたら「モシーン!」と叫ぶことを心に誓う。もちろん電話の相手には「それ俺のや! 俺の面白いのや!」と叫び返して欲しい。【み】