テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

しましまとらのしまじろうのなぞ

2月10日、飛び石連休の中日なのをいいことに会社を怠けて布団の中でおはスタをだらだらと見ていた。平日に休む醍醐味である。
月曜はおはスタの後に「しましまとらのしまじろう」が始まる。10日の回ではしまうまの「しまいちろう」というヤツが出てきて周囲が混乱する、といった内容のようだったが、見ながら途中で二度寝してしまったので結末は知らない。ああ醍醐味、醍醐味。
半分夢の中でだらだらと考え事をしていると、ふとある事に思い当たった。しまじろうはなぜしま「じろう」なのか。奴は次男か。いや、妹はいたが奴は長男のはずである。長男なのになぜ「じろう」。次男なのにイチローという奴は知っているが、奴の仲間か。
そうか。きっとしまじろうはまだ幼いから知らされていないのだ。家族に以前「しまいちろう」という兄がいたことを。何か複雑な事情で家にいなくなった長男、やがてしまじろうがそれを知るに違いない。
一体どんな事情が? それを知ったしまじろうの反応は? そしてとりっぴいやみみりんとの関係や如何に?【吉】