テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

ポンキッキーズのCD発売

ヘッドホン

「ポンキッキーズ」で流れている曲を集めたアルバム「ポンキッキーズ・メロディ」が、5/1に発売された。
幼児番組だからといって、あながち馬鹿にはできないんだな、これが。幼児番組だからといって、いつまでもたぬきがオッパイ飲みに来たりたいやきが鉄板で焼かれていたりおうまの親子がぽっくりぽっくり歩いていると思ったら大間違いだ。なにしろこの番組、出演者からして第一線のミュージシャンが揃っている。電気グルーヴのピエール瀧、スチャダラパーのボーズ、安室奈美江(スーパーモンキーズ!)という豪華な顔ぶれ。
元々「ポンキッキ」は、幼児番組としては画期的に新しい感覚(特に選曲のセンスがいい!)だったのだけれども、番組名が「ポンキッキーズ」に改まってからは、ますます冴えている(ただし、今ひとつ「海野教授」とかいう人形のキャラクタには馴染めない、あれさえいなければもっといいのだがなあ)。
で、アルバムの方だが、矢野顕子や森高千里、米米CLUBに山下達郎など、豪華なラインナップ、もちろん電グルとスチャダラの曲も1曲ずつ入っていて、なんか、こう、お買い得という感じなのだけど、私としてはなんといっても「ゴー!ゴー!コニーちゃん!のテーマ」が入っているのが一番嬉しい。
このコニーちゃんというのは「ポンキッキーズ」で毎日踊りながらじゃんけんをしているCGアニメの愛らしい女の子。たまにカエルやゆうれいなんかも一緒に登場、愉快なことこの上なし。そして私は、毎朝、TVから流れる「ジャカジャカジャン、ジャカジャカジャン、ジャカジャカジャカジャカじゃんけんぽん!」というかけ声に合わせて、勝負しているのだった。【み】