テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

東京映画の短い感想文 「日本一のワルノリ男」

映画の短い感想文

坪島孝監督、1970年公開。
モダンと下品のチャンプルー。オトナとガキのごった煮。
クレージー映画末期の作品ゆえ、駄作を覚悟して見てみたらこれが存外面白い。
以前見た「新宿泥棒日記」とほぼ同じ時代なのにまるで違う新宿に見えるのも面白い。
ミチ役の山口火奈子が台詞は棒読みだが愛嬌があって可愛い。
冒頭部分、植木等と加藤茶では画面の明るさが違う。役柄のせいもあるのだろうが加藤茶の輝き方が尋常じゃない。これが旬というものか。植木等が一人で映っているシーンは輝度も彩度も控えめな感じ。植木は声の大きさもハツラツとした動きも健在なのに不思議。【み】