テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

連続タヌキ小説「スカーレット」第2週

連続タヌキ小説「タヌーレット」

連続タヌキ小説「スカーレットタヌーレット」
第2週「意地と誇りの旅立ち」

信楽に戻った草間。柔道を教えるという彼に喜美子は内心「大阪でチンピラに負けてた奴が柔道教えるとかwwwワロス」と考えていた。貫禄のある中学生に育った喜美子。丸熊陶業に就職を断られタヌキのキンタマ量産の夢が潰えた彼女は大阪に向かう。

連続タヌキ小説-02
文と絵:吉野 忍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です