テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

「アメトーーク 今年が大事芸人2020」は大傑作回だった!

テレビ朝日

アメトーーク 今年が大事芸人2020」(2020年1月30日 / テレビ朝日)。

いわゆる“お笑い第7世代”の面々や「もっとコンビでテレビに出たい」と願う三四郎、「デビューして20年、ずっと大事」と語るダイアンが、コンビとしての不安や悩み、相方への不満などを語る1時間。
お笑いナタリーより

話の邪魔をしない蛍原とアニキ肌の千鳥をMC席に据えた万全の体制を得て、「アメトーーク」が久々の大スパーク。

どうして「今年が大事」なのか?

霜降り明星
吉本興業
M-1グランプリ2018で優勝し売れっ子になったが、M-1グランプリ2019でミルクボーイが優勝し、新チャンピオンが誕生したことで焦りを感じている。

霜降りせいや

新チャンピオンにあんな角刈りされたら焦りますよ。
EXIT
吉本興業
本来ならば一発屋として2019年に消えてなければいけないコンビ、皆さんのおかげで生き残れたから今年もがんばりたいというEXIT。チャラチャラした芸風にもかかわらずネタがしっかりしているというギャップをいじる千鳥に困ってしまうりんたろー。。

千鳥大悟

彼らはネタをしっかりやってる。

千鳥ノブ

軸が。

千鳥大悟

軸がしっかりしてる。
宮下草薙
太田プロ
昨年ブレイクして年末年始も大忙しだったが、街で絡まれることも増えた。

草薙

駅のホームで電車待ってたら、線路はさんで一個向かいのホームから「おいこっち来いよ! ぶっ殺してやるよ!」って。
三四郎
マセキ芸能
人気も仕事も安定期と思われる三四郎の悩みはコンビのイメージがあまりないこと。「いまだに小宮三四郎っていうピン芸人だと思ってる人がいる」と嘆く相田。

三四郎小宮

事務所のホームページが「相田周二」というところを「相田商事」って間違えたんですよ。

三四郎相田

有限会社になってたんですよ。
ダイアン
吉本興業
芸歴20年のベテランであるダイアンに、蛍原が「やっぱり『今年こそは』みたいなことですか?」と水を向ける。

ダイアンユースケ

デビューしてずっと大事なんです。

ダイアンと千鳥

「なんで、席ここなんですか?」と開口一番に後列右端の席に文句を言ったダイアン。
「ここは超若手か裸の芸人が座る場所でしょ」「今日こんなにオシャレにキメてきたのに」などと口々に蛍原に訴える。
そして、この文句を言うくだりは台本通りだったと明かしてしまう津田。台本にあったというその文章が画面に映し出される。

アメトーク-今年が大事2020
四角く囲まれているのが台本にあったという津田の台詞。津田の暴露発言に「言うなや」「言うな」とノブと蛍原が嬉しそうにツッコミを入れている。

一方、M-1ファイナリストであり大阪で大活躍した後に東京進出したものの迷走…というダイアンとよく似た境遇だった千鳥。
もう東京はあきらめて大阪へ帰りなさいという企画「帰ろか…千鳥」(2014年9月4日)まで作られ崖っぷちだったと語るノブ。

千鳥ノブ

もうホント崖っぷちだったんですけど、指が太かった
最後にかかった中指だけ太かったんです。
崖に引っ掛けた太い中指のおかげで生き残り、見事東京にハマって今やバラエティ界の人気者に。

千鳥大悟

ダイアンは指が太いかな?

加地さんがロケに来てくれない!

「アメトーーク!」の加地倫三プロデューサーが手掛ける「霜降りバラエティ」について、言葉を選びながらもあれこれ不満を漏らすせいや。「加地さんが全然ロケを見にきてくれない」とこぼす。
しかし、加地プロデューサーは「テレビ千鳥」には頻繁に顔を出しているという。

※現在、加地プロデューサーは「ロンドンハーツ」「アメトーーク!」「テレビ千鳥」「霜降りバラエティ」のエグゼクティブプロデューサーを努めている。

大悟が「もっと加地さんが食いつくような企画をやり」とアドバイス。

千鳥大悟

今日わしらが午前中やってきたロケは、パンティ凍らしてブーメランのように飛ばす。

霜降りせいや

なんで来んねん!

千鳥ノブ

やっぱ見たいやろ。

ネガティブの逆転現象

一人で売れてしまってコンビで出る仕事が少ないという草薙の悩み。
たまにコンビで出演しても、宮下が全然喋らないので「宮下が喋った部分をオールカットしたんじゃないか」などとネットニュースになってしまう。

草薙

ただ、本当に喋ってないんです。

ネガティブキャラの草薙をなだめる役回りの宮下が、バラエティ番組でうまく活躍できずネガティブになってしまっている。
たとえば、電車で移動の際に席が1つしか空いていなかったら昔は自然に宮下が座っていたのに、最近は「お前座れよ」と言う。それは優しさというよりも、その様子を誰かに見られた場合を心配しての言動だと草薙は分析する。

草薙

「あいつあんま働いてないくせに座るんだよ」みたいな、思われるんじゃないか…俺みたいなこと言い出したんです。
昔の元気のある宮下に戻ってほしいというのが草薙の望みなのだが、ネガティブモードに入っている宮下の耳には届かない。

宮下

皆さんもうお察しだと思うんですけど、このコンビに宮下が必要ないなと思ってる。

ここで三四郎の相田も宮下と似た立場だという話題に。
三四郎が「小宮の隣にいるスーツは相田」と思われているというエピソードトークを披露。
ヤフオクドームのロケ中に三四郎のファンという人が近寄ってきて小宮に握手を求めた後、隣にいたヤフオクドームの広報担当に握手を求めていたという話に場の空気が和らぐ。
しかし、三四郎の努力も虚しく、宮下は「草薙のおこぼれで出てる感じがすごいイヤで」と、まだネガティブで突き進む。

宮下

一度解散して、僕、ゼロからピンでやりたくなってるんですよ、今。
「ええー?」と驚く出演者達。

草薙

俺も今聞きました。

宮下はピンネタは漫談が200本あると豪語する。

千鳥大悟

なんで200本もあってこういう場で1本も出さんの?

宮下

出せないです。尺が1本30分あるんですよ。

何となく出来る芸人風の雰囲気であったり妙にセンスがある芸人風の喋り方など、これまでも他の芸人からちょこちょこいじられていた宮下だが、今回、確実に一段上のステージに上がった感がある。
この何かをこじらせているような雰囲気をさらに掘り進めると意外な宝物が埋まっていたり思わぬ怪物に大変身する可能性があり、今後も宮下草薙から目が離せない。

相方の名を連呼する

「お笑い第7世代」の筆頭格である霜降り明星の番組に宮下草薙は任せようという流れに対し、「宮下は『お笑い第7世代』というくくりは好きじゃないはず」と言うせいや。
それを受けてまたもやネガティブモード全開で喋りだす宮下を、草薙が「宮下、宮下」と叫んで阻止しようとする。
宮下は「お笑い第7世代」について思うところがあるようなのだが、それを言うと場が「物凄い空気になる」と草薙が止めるので、その話はまた次回へ。

続いてEXITは、「最近Youtubeの方が楽しくなっちゃって」という兼近の悩み。
テレビだと若手なのでひな壇のような仕事が多いし、自由に発言できない上に収録時間がとにかく長いのだと訴える。

EXIT兼近

信じられないぐらい座らされて、訳わかんない人達の話とか聞いて…

蛍原

よう言うな、かねちぃ。
ここで今度はEXITのりんたろー。が「兼近! 兼近! 兼近!」と名前を連呼して、相方の話をさえぎろうとする。
だが、兼近は名前連呼をスルー。
「バラエティはワイプ芸が大事」という芸能界の教えについても、「ワイプなんて顔だけ『おおー!』とか『ああー!』とか別撮りにして、それを後から付けろ!」と、テレビバラエティに対する不満が止まらない。

「ワイプで抜かれた時に死んだような顔になっている」「『俺らなんかもう今年いっぱいだ』などネガティブな発言が増えた」「Youtubeの面白くないのを垂れ流す」など、最近のEXITは疲れているように見えると指摘する草薙。

草薙

あなたたちはネガティブがウケるような芸風じゃない。
ネガティブなめんなよ!

荒れるアメトーーク

ニッポン放送の「オールナイトニッポン」で、金曜の1部を三四郎、2部を霜降り明星が担当しているが、「下からの突き上げが怖い」と言う相田。
だが、せいやに言わせれば、ラジオのブースに挨拶に行くと「寝れてる?」などといかにも高飛車な言い方をしてきたり、テレビでのイメージとは違ってラジオの相田は威張っているらしい。

霜降りせいや

相田さん、テレビの時だけ「霜降りに負けそうです」とか言って、ずるいんですよ、この人!

ラジオの話題繋がりで、「ラジオで小宮さんが僕ばかりをイジるがイジるべきは自分のポジションを奪いかねない草薙」「恐れる必要のない僕をイジって逃げてる感じ」と宮下からの告発。

三四郎小宮

え、本当になんかちょっと奇妙だからイジってるだけだよ。
この発言を受けて、小宮を煽る宮下。

宮下

だったらイジってみろって。
だったらイジってみろって、草薙を。
すると静かに立ち上がった草薙が宮下の首を締め始め、出演者達騒然。
草薙はすぐに「マジでスミマセン」と謝ったが、場は騒然としたまま。

荒れまくった場の処理に困るMC陣。

蛍原

ノブ! どうしたらええねん!

千鳥ノブ

バラエティー、バラエティー! バラエティよ! お客さんいるよ!
しかしノブの呼びかけは届かず、ひな壇大荒れ。皆ザワザワとそれぞれ勝手に喋っている。

殺気だった空気を変えるため、蛍原はヘンテコな顔をしながらふしぎなおどりを披露するのだった。
「これがバラエティだ」と千鳥は蛍原のダンスを猛アピール。

ザワザワが静まった瞬間、なぜか小宮が真後ろを向いて宮下草薙に何か指示を出している。
我に返った小宮が「あ、ごめんなさい」と謝ると、宮下が小さな声で一言。

宮下

裏の感じでやんないでくださいよ。
草薙が立ち上がって「お前、もういいかげんにしろよ!」と怒鳴りながら宮下の腹にパンチ!

相方への不満

霜降り明星
  • 最近粗品はピアノの仕事をするようになったが、弾いている時の顔が芸人じゃない。(せいや)

    番組で取り上げられた粗品のピアノ動画。

  • 粗品はたまに普通のバラエティでも、締めのコメントを任されると芸人とは思えないつまらないコメントをする。(せいや)
  • 忙しすぎてせいやがおかしくなっている。弁当で箸がついていなかった時に手で食べだした。それは別にいいのだが、パスタを人差し指と中指を箸代わりに食べていた。(粗品)

霜降り粗品

つかんで食ったらええやん。
EXIT
  • 兼近の記憶がすぐ飛ぶ。事前の打ち合わせを忘れてしまい、収録本番でトンチンカンなことを言う。
  • りんたろー。が兼近をオッチョコチョイに演出したがるため天然なエピソードをよく話すのだが、ほとんどが捏造。(兼近)
  • 兼近のオッチョコチョイエピソードを話そうとすると、先に「全部ウソです」と言うので本当の話なのにウケない。(りんたろー。)
宮下草薙
  • 同じアパートの別の部屋に住んでいるので、夜中にドアをノックされて打ち合わせをしたりするのがちょっと嫌だったが、最近、宮下が引っ越したいと言いだした。(草薙)
  • 洗濯機もないような状態なので引っ越したい。(宮下)
  • ピザとか頼んだり宅配の人が来た時にお金がなかったら、「宮下ー!」って言うとガチャっと出てきてくれて「いくら?」って聞いてくれる。もう生活の一部になっているのでいなくなったらどうなるんだろう?(草薙)

宮下

じゃあ、一緒に洗濯機のある所に引っ越す?
三四郎
  • 相田はラジオではよく喋るのにテレビでは前に出ない。
    でもある日、「今日はやってやるぞ」みたいの聞こえたのだが、蓋を開いてみたら、ただただ、むくれかえってるだけ。(小宮)
ダイアン
  • ユースケは津田のことを緊張しているとかよく言うくせに、意外とユースケの方が緊張しているところがある。
    大阪ではそうでもないが、東京でエピソードトークをする時喉がキュっと締まっているのか、聞いたこともない高い声で喋る。(津田)
    (「どんな声か?」と問われて、津田が「あの、こないだネー」とマネをしたがオール巨人のようにしか聞こえない)
  • 津田は集中力がまったくない。(ユースケ)
    (収録中に寝てしまった時の津田のVTRが流れ、「仕事中に寝るな」とMC席から集中砲火を浴びると、謎の言い訳をまくしたてる津田)

ダイアン津田

仕事としてちゃんとやろうとは思ってるんですよ! もうやろうとすればするほど、なんかもう、すごく眠たくなるんですわ! ホンマに。
(静かに立ち上がりするするっと横に移動した草薙が津田の腹にパンチ!)

草薙

仲良くやろう!

本日の台風の目

隣には相方宮下、ひな壇には仲の良い同世代の芸人が並び、のびのびと大活躍していた草薙。
タイミングよく立ったり座ったり、話の流れを大きく動かしていた功労者である。
ついでに相方と津田の腹に強めのパンチをキメるという荒業も見せ、この日の台風の目は間違いなく草薙。

荒れに荒れた場がやりきれないという表情で感情的に語るシーンもなかなか良かったし、草薙の語りを止めなかったMCと演出も素晴らしい。

草薙

仲良く、仲良くやります。本当に。
みんなも、だから仲良くやろうね。
なんか、俺は今日イヤだよ!
すごいピリピリしてて、みんな。
イヤだ! なんかみんな喧嘩すんだもん。

「いやいやいや」とか「いや、みんなじゃないから」などと否定する一同。

草薙

いやいや、みんなしてるよ、喧嘩。
なんかお互いの悪いこと、やめよう、なんか。ピリピリ、喧嘩とか嫌い。
喧嘩とか嫌いなんだよ。喧嘩とか嫌いなんだよ。喧嘩とか嫌いなんだよ。

宮下

えっ、何?

霜降りせいや

どうした?

草薙

楽しそうだなーって思って、芸人になりました!

一体どこまでがアドリブでどこまでが台本なのか、どこから本音でどこから演技なのか、見るものを翻弄するトリッキーな演出が楽しい。

ひな壇の台風の目は草薙だったが、出来る役回りの者もポンコツの役回りの者もそれぞれの持ち味を発揮した傑作回。
互いに助け合いながらも安易に馴れ合わないヒリヒリした空気の中、局だの所属事務所だのキャリアだのを超え、縦横無尽に繰り広げられたエピソードトークを堪能。
若手芸人ファン、バラエティ番組ファンにとってたまらない1時間だった。【み】

関連記事

出演者

MC:蛍原徹(雨上がり決死隊)
ゲスト:霜降り明星(せいや、粗品)、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)、三四郎(小宮浩信、相田周二)、ダイアン(ユースケ、津田篤宏)、宮下草薙(草薙航基、宮下兼史鷹)
先輩ゲスト:千鳥(大悟、ノブ)