テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

逮捕された「元タレント」とは?

10月15日朝のワイドショーのトップニュースは、各局とも「現役高校教師、男子高校生をホモビデオに出演させ逮捕」である。フジテレビの「おはようナイスデイ」だけ、新聞のテレビ欄に「元タレントも逮捕」とあったので思わずポンキッキーズからチャンネルを替えずにナイスデイを見ることにした。
事件の経緯、声をかけられらことのある高校生への取材などに続き、いよいよそのタレントの名が明かされる時がきた。

元タレントの『いまきた加藤』こと加藤由美子が知名度を生かして高校生に声をかけていた

加藤由美子っていったら、こないだ「元気がでるテレビ」の最終回に出ていたのを見たばかりじゃん。まさかホモビデオのナンパ要員になっていたとはなあ。同じ「ダンス甲子園」仲間でも、早いうちに「タレントを目指す」といってキャッチフレーズの「メロリンキュー」を捨て、「元気が出るテレビ」とは実質的に手を切った山本太郎とはエラい差がついてしまったのだなあ。ま、山本も「元気が出るテレビ」の最終回には出演していたけれども。
今や、山本は若手俳優としてはかなりイイところにつけているわけで、彼の選択は間違っていなかったことになる。一方、「ダンス甲子園」のコーナーが終わっても、割と頻繁に「元気が出るテレビ」で活躍していた加藤はホモビデオで逮捕。ああ、人生いろいろ。って、イージーな締め方ですみません。【み】