テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなテレビコラム集。

歌舞伎の感想文「八重桐廓噺」(2004)

歌舞伎の短い感想文

 「八重桐廓噺」2004年、歌舞伎座(衛星劇場)。
 死んだ夫の霊魂を飲み込んで超人パワーを身につける八重桐に福助。強いわ美人だわ語り芸もお見事。福助にピッタリの役どころ。
 可憐な沢瀉姫に七之助、人様のお屋敷で切腹しちゃう迷惑な優男の夫に信二郎。皆適材適所のナイスキャスト。そして何といっても猿弥の腰元が可愛いぞ。【み】