道玄坂1丁目地区|映像の中の渋谷

エリア|映像の中の渋谷

古い映画やドラマなどの映像から昭和の渋谷の風景を探しています。

道玄坂1丁目地区
東京都渋谷区道玄坂1
道玄坂一丁目地区(以下「本地区」という。)は、都内有数の交通ターミナル拠点である渋谷駅の西口駅前広場に面し、渋谷らしい活気とにぎわいのある個性的な街並みを形成しているエリア、事務所や落ち着いた飲食店舗が立ち並ぶエリア、道玄坂沿道のにぎわいと業務と住宅が共存するエリアなど、多様な側面を持ちそれぞれに発展をしてきた地区 「道玄坂一丁目地区 地区計画」より

映画「泥だらけの純情」

1963

次郎(浜田光夫)が花井(小池朝雄)から組の麻薬取引の件で自首をもちかけられるビリヤード場は「渋谷中央街」(道玄坂1-10-1/現マヨ・ビエントホテル)。正面の「東急文化会館」のプラネタリウムとの位置関係から、また「歯科鈴木」の看板から特定。

映画「泥だらけの純情」1963年

次郎(浜田光夫)の親分塚田(平田未喜三)の家。現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

映画「泥だらけの純情」
監督:中平康
1963(昭和38)年/日活
出演:浜田光夫、吉永小百合、小池朝雄、和泉雅子、滝沢修、細川ちか子

映画「狂熱の季節」

1960

ユキ(千代侑子)が堕胎をしに病院にいく。それに付きそう明(川地民夫)。
白い立看板が立っている右奥の建物が病院という設定だが、これは駒沢大学渋谷校舎(現「渋谷道玄坂東急ビル」道玄坂1-10-8)。

映画「狂熱の季節」
監督:蔵原惟繕
1960(昭和35)年/日活
出演:川地民夫、郷鍈治、松本典子、千代侑子、長門裕之

鑑別所帰りの明が富裕層の文子と出会ったことで、彼女の人生に再生不能な傷跡を残していく。刹那的に生きる明と難しい理屈で自らを追い詰めていく文子の対比。
富裕層の描き方がカリカチュアライズされすぎで、明の過剰に奔放な演技と併せて滑稽に見えてしまう点はあるが勢いのある映画だ。戦災復興とオリンピックで建設まっさかりの渋谷、いたるところが工事中だ。

映画「ギャング同盟」

1963

大同不動産の社長に、会長の身代金の受け渡しを公衆電話から指示する風間(内田良平/手前)と高本(佐藤慶/奥の電話ボックスの中)。公衆電話があるのは現「セルリアンタワー」の玉川通りをはさんだ向かい、現「渋谷道玄坂東急ビル」あたり(道玄坂1-10-8)。のちに行われる銃撃戦も隣接した空き地で行われる。

映画「ギャング同盟」
監督:深作欣二
1963(昭和38)年/東映
出演:内田良平、三田佳子、佐藤慶、曾根晴美、山本麟一、平 幹二朗、楠侑子、戸浦六宏

刑務所から出所する風間(内田良平)を昔の仲間高本(佐藤慶)が迎える。しかし彼らの縄張りはすっかり新興の巨大勢力に乗っ取られていた。風間はある計画を思いつき高本とかつての仲間尾形(戸浦六宏)、楠(山本麟一)、柾江(楠侑子)、志賀(曽根晴美)、ジョージ(アイ・ジョージ)を集める。風間の計画とは敵対勢力のボスを誘拐することだった。
悪い顔の俳優勢揃い。街なかで銃撃戦を始めるわ、ダイナマイトを投げるわの大暴れ。日本版「オーシャンと十一人の仲間」といったところか。東京オリンピックに向けて大開発中の東京各所が見られる貴重な作品。

映画「泥だらけの青春」

1954

奈々子(乙羽信子)の父が食堂三平軒を営んでいる飲み屋街からの風景。1954年完成の「東急百貨店東横店」がまだ建設中、工事中の西館から銀座線が出てくるシーン。
日活の公式サイトにはロケ地が「大和田小路」とある。この後画面に映る隣の店の店名「小料理 千代の■」から当時三菱銀行の裏にあった飲み屋街(現「渋谷駅前会館」(道玄坂1-3-1あたり)から撮影したものと特定した。(参考:東急100年史|第2章 第2節 第1項 戦前の活気取り戻す渋谷

映画「泥だらけの青春」
監督:菅井一郎
1954(昭和29)年/日活
出演:三國連太郎、乙羽信子、高杉早苗

加地(三國連太郎)、奈々子(乙羽信子)、里村(山内明)は小さな劇団の団員。劇団が経営破綻で解散したことから、奈々子は父の店の手伝い、加地と里村はエキストラやフィルム運びで糊口をしのいでいた。ある日映画会社のニューフェイスに応募した加地はあることがきっかけで経営陣の目に止まり採用され、ベテラン女優京極真弓(高杉早苗)との共演で大スターとなる。加地は京極との愛欲に溺れ傲慢になる一方、かつての盟友達とは次第に疎遠になっていく。
名脇役として数多くの映画に出演している俳優菅井一郎の第一作目の監督作品。

映画「街から街へつむじ風」

1961

正木晋一(石原裕次郎)が父親(宇野重吉)の友人田村(東野英治郎)の病院を手伝いにやってくる場面。院長の名前は田村なのに、なぜか病院の名前は実在の「大下外科」(現「大下ビル」道玄坂1-16-5)のままだ。

映画「街から街へつむじ風」1961年

病院の事情に口出しをする正木晋一(石原裕次郎)が疎ましい副院長(小高雄二)は正木を屋上に呼び病院から引き取るように告げる。
田村医院(現「大下ビル」道玄坂1-16-5)屋上からの風景という設定だが、周囲の建物の位置関係から道玄坂1-11-4あたりからの撮影と推測される。
左手のネオン「整形外科 美容ロン」とその右のビル(「駒沢大学商経学部渋谷校舎」)は「現渋谷道玄坂東急ビル」(道玄坂1-10-8)および「五島育英会ビル」(道玄坂1-10-7)。

映画「街から街へつむじ風」1961年

正木晋一(石原裕次郎)と副院長(小高雄二)が話している間、それを監視するヤクザの杉浦(土方弘)。これも周囲の建物の位置関係から道玄坂1-11-4あたりからの撮影と推測される。
左手の「一楽」は現「ソシアル道玄坂」(道玄坂1-14-9)。右手の「あたり荘」(「た」は変体仮名)は現「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15-3)。

映画「街から街へつむじ風」1961年

ヤクザの罠にかかりそうになった副院長(小高雄二)を助けるために喧嘩沙汰を起こした正木晋一(石原裕次郎)は逮捕されるが、彼に好意を寄せる社長令嬢北山美樹子(芦川いづみ)が身元引受人となって釈放される。北山の車で「田村病院」(現「大下ビル」道玄坂1-16-5)に戻ってきた正木。
玉川通り、「大下ビル」前から道玄坂上方向を見る。
背後の高い建物は「南平台東急ビル東急スカイラインアパートメンツ」(現「渋谷ソラスタ」道玄坂1-21-1)。

映画「街から街へつむじ風」
監督:松尾昭典
1961(昭和36)年/日活
出演:石原裕次郎、芦川いづみ、中原早苗

留学先のドイツから帰ってきた正木晋一(石原裕次郎)は父親(宇野重吉)の薦めで父の友人田村(東野英治郎)の病院を手伝うことになる。晋一が田村医院を訪れると院長は持病に苦しみ、息子の副院長(小高雄二)は過去の手術の失敗で自信を失い、さらにヤクザが副院長の失敗をネタに地上げをしかけてくる有り様。正木は病院をヤクザから守るため活躍する。
ところどころ入れてくる笑いどころは余計だし、いろいろ都合の良いストーリー展開も甘く、気楽に裕次郎のかっこよさを見るための映画。

映画「からっ風野郎」

1960

朝比奈武夫(三島由紀夫)は小泉芳江(若尾文子)に子供を堕ろすよう迫り、産婦人科医へ連れて行くが、小泉の抵抗が激しく堕胎は失敗に終わる。この外観として使われていたのは現在「五島育英会ビル」になっている場所にあった「第一整形外科」(道玄坂1-10-7)。隣にある「パーマ ロン」から場所を特定した。

映画「からっ風野郎」
監督:増村保造
1960(昭和35)年/大映
出演:三島由紀夫、若尾文子、船越英二、志村喬

敵対する組織相良商事の社長相良雄作(根上淳)を刺し服役していた朝比奈一家の二代目朝比奈武夫(三島由紀夫)が刑務所から出所する。相良は刑務所にまで刺客を差し向けるなど朝比奈を亡き者にしようとつけ狙っていた。朝比奈は昔の女に危険が及ぶことを恐れ香取昌子(水谷良重)と別れ、一家が経営する映画館の二階に潜伏する。朝比奈はそこでもぎりの女小泉芳江(若尾文子)と知り合い、やがて二人は恋仲になる。相良と朝比奈は製薬会社のゆすりの種となる新薬や朝比奈一家が経営するトルコ風呂の権利をめぐり攻防を繰り返す。そんな中小泉芳江の妊娠が明らかになり、子供が自分の弱点になることを嫌った朝比奈は小泉に子供を堕ろすよう迫る。
これが映画初出演の三島の芝居が下手なのは仕方ないが主人公がなんとなく頭が悪く見えてしまうのが難点。

映画「クレージーのぶちゃむくれ大発見」

1969

金を持ったまま行方不明のホステス天野好子(中山麻理)の行方を探す谷井明(谷啓)は街角の易者に占ってもらおうとする。この易者、実は副業中の谷井の部下安西(安田伸)。後方の都電が走っているところは道玄坂。易者が座っているのは道玄坂上交番前交差点(道玄坂1-18)あたり。この後のシーンで映る看板「旅荘東荘」から特定。

映画「クレージーのぶちゃむくれ大発見」
監督:古澤憲吾
1969(昭和44)年/東宝
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、中山麻里、春川ますみ、浦島千歌子、東野英治郎

東西電気の花川戸(ハナ肇)の接待費を払ってもらえない高級クラブ「アンブレラ」のマネージャー植村(植木等)は、支払いの可否を判断するコンピューターと直談判をしに東西電気に乗り込み、プログラマーの谷井(谷啓)を説得してアンブレラの口座に金を払い込もうとする。しかし誤って東西電気に振り込まれた金が全てアンブレラの不良ホステス好子(中山麻理)の口座に振り込まれてしまう。金を取り戻そうと好子のアパートに乗り込んだ花川戸、植村、谷井はアパートで殺された好子を発見する。谷井は好子にコンピューターを組み込み蘇生に成功するが…。
企業のコンピュータ化真っ盛りの頃の作品。色々コンピュータに関する誤解もある。質屋から大笑いで登場する植木等が景気よい。

映画「クレージー大作戦」

1966

養老院の慰問演奏中に脱走し手配された石川五郎(植木等)らの一味。渋谷駅前で車が故障し東横線で逃亡を図る。左側の建物は現存する「渋谷駅前会館」(道玄坂1-3-1)。「西村フルーツパーラー」が入っている。右側は銀座線の車庫に向かう路線。現「渋谷マークシティ」。

映画「クレージー大作戦」1966年

脱走した石川五郎(植木等)ら一味を追って警察官達が渋谷駅周辺を警備するシーン。「東急百貨店東横店西館」とそこから車庫にのびる銀座線の高架。

映画「クレージー大作戦」
監督:古澤憲吾
1966(昭和41)年/東宝
出演:植木等、ハナ肇、谷啓、犬塚弘、桜井センリ、石橋エータロー、安田伸、野川由美子

砂走刑務所の第七号監房の看守加古井守(ハナ肇 )はバンド活動を通じ入所者の更生を図っていた。そこへ石川五郎(植木等)が入所してくる。石川は入所者の一人大平久(谷啓)の金庫破りの腕を買い、脱獄して暗黒街の「頭取」(進藤英太郎)から10億円を奪おうと計画していたのだ。これを聞きつけた監房の仲間の陣十郎(犬塚弘)、ジョージ・馬場(桜井センリ)、花見小路抜麿(石橋エータロー)、薮越与太郎(安田伸)がこれに加わり、養老院の慰問演奏中に加古井を道連れに脱走をする。

映画「やくざの歌」

1963

恐喝されているところを助けたことから女子大生北見紀子(本間千代子)とヤクザの新田俊次(千葉真一)はお互い好意をもつようになる。北見と新田がボーリングをした後別れる場面。左の建物は「リキ・スポーツパレス」(現「ヒューマックス渋谷ビル」道玄坂1-14-6)。看板に「リキ・トルコ」とあるのは同施設内にあったトルコ風呂。右側に色々な映画に映っている「第一整形外科」「パーマ ロン」のネオンが。またつきあたりにやはり色々な映画に映っているそば屋が見える。

映画「やくざの歌」
監督:若林幹
1963(昭和38)年/東映
出演:千葉真一、北島三郎、本間千代子、宮園純子、曽根晴美、十朱久雄、北竜二、谷幹一、佐々木孝丸、村田英雄

新田俊次(千葉真一)はヤクザ組織の構成員。ある日恐喝にあった女子大生北見紀子(本間千代子)を助け、互いに好意を抱くが、彼女は俊次の友人で流しの北見三郎(北見三郎)の妹だった。俊次を信頼しながらもヤクザと妹がつきあうことに苦悩する三郎。一方俊次の組織で預かることになった神戸のボスの息子双葉真(曽根晴美)。粗暴な彼の暴力はやがて三郎にも及び、俊次は組織と友情の板挟みになって苦しむ。

映画「銀座の若大将」

1962

田沼雄一(加山雄三)がロードワーク中、勤務先のレストランのチーフ・コック(大友伸)がチンピラに乱暴されているところを助けるシーン。場所は道玄坂1-15と1-14の間の道。右側の「料亭まつ葉」のある側は現在「プリメーラ道玄坂」(道玄坂1-15)、左側の「ホテル一楽」のある場所は「ソシアル道玄坂」(道玄坂1-14-9)、その手前の喧嘩が行われる空き地は「地下鉄道玄坂ビル」(道玄坂1-14-1)になっている。

映画「銀座の若大将」
監督:杉江敏男
1962(昭和37)年/東宝
出演:加山雄三、有島一郎、中真千子、飯田蝶子、星由里子、団令子、田中邦衛

京南大学の音楽部員田沼雄一(加山雄三 )は新聞部の団野京子(団令子 )に付き合って広告をとりに行った洋裁店らべるで店員の中里澄子(星由里子 )に見初められる。ある日拳闘部のマネージャー江口敏(江原達怡)が他大学との喧嘩に巻き込まれ、雄一がこれを助けたことから雄一は拳闘部に勧誘され、教授(左卜全)や祖母(飯田蝶子)の勧めもあり入部することになる。だが父の久太郎(有島一郎)は雄一がボクシングをすることに反対で、久太郎の友人島川金五郎(上原謙)のレストランに雄一を住み込みで働かせることを強引に決める。雄一のレストラン勤務と拳闘部の合宿の苦しい日々が始まる。一方レストランの隣にあるらべるの店員澄子と雄一は関係が深まっていく。

映画「クレージー黄金作戦」

1967

梨本金男(谷啓)が勤務している「仁道病院」は玉川通り沿いの「野村不動産渋谷別館」。現「渋谷道玄坂東急ビル」(道玄坂1-10-8)。「日本勧業銀行」の位置から特定。

映画「クレージー黄金作戦」
監督:坪島孝
1967(昭和42)年/東宝
出演:植木等、ハナ肇、谷啓、犬塚弘、石橋エータロー、桜井センリ、安田伸、浜美枝、園まり、有島一郎、藤木悠、石山健二郎、十朱久雄、飯田蝶子、アンドリュー・ヒューズ

僧侶の町田心乱(植木等)は賭け事での浪費が激しいことから、債権者の北川(有島一郎)の会社、金友商事で働かされることになった。金友商事のアメリカの支店へ出向する社員を選定する中で手違いが起こり、町田はアメリカに飛ぶこととなる。一方代議士の板垣重金(ハナ肇)は汚水処理場設置の問題で実績を上げたが、知らない間に加担した汚職問題が新聞で問題になったことを知らないままアメリカの視察に向かう。医師の梨本金男(谷啓)は事故で死んだアメリカ人から巨額の遺産を相続し、それを受け取るためにアメリカに向かった。町田、板垣、梨本の3人は機内で知り合い、それぞれの思惑を胸にアメリカへ向かうが…。
「金だ金だよキンキラキンのキン」と「ハロー・ラスベガス」を歌い踊るラスベガスの大通りでのミュージカル仕立てのシーンが楽しい。

「映像の中の渋谷」参考文献
富田均「東京映画名所図鑑」(1992/平凡社)
富岡畦草「東京 消えた街角」(1992/玄同社)
川本三郎「銀幕の東京」(1999/中公新書)
野村宏平「ゴジラと東京 怪獣映画でたどる昭和の都市風景」(2014/一迅社)
宮崎祐治「東京映画地図」(2016/キネマ旬報社)
渋谷定点観測02-22
東京福袋の吉野 忍が 2002年に渋谷で撮影した写真とその20年後の2022年に同じ場所で撮影した写真をまとめた「渋谷定点観測02-22」。こちらも併せてどうぞ。