[古雑誌広告00080]ナショナル冷蔵庫 スペシァルオーダー

電気製品

「古雑誌広告愛好会」は、昭和中期頃の雑誌に掲載されていた、現代とは一味違う広告をコレクションして楽しむ会です。なにぶん古い雑誌から収集した広告ですので汚れや破れが目立ちますが、何卒ご容赦ください。

クリックで画像拡大

品名 ナショナル冷蔵庫 スペシァルオーダー
掲載誌 週刊女性
出版社 主婦と生活社
発行日 1966(昭和41)年1月8日

ミヤシタ

カラフルな冷蔵庫とさまざまなスタイルのモデルさんの組み合わせが華やかな広告。
いかにも主婦っぽい和装の奥様は「だんらん」、お散歩好きそうなお嬢さんふたりの傍らには「詩情」「並木道」、オーソドックスな「白」の横に立つのは右上のマスコット「ナショナルぼうや」とペアルックの女性……このあたりのチョイスはまあ納得なのだが、ウェディングドレスの花嫁さんに「みちのく」、電話中のスポーティなワンピースの女性は「よしの」、買い物帰りの奥さんは「きそ」という地名シリーズはピンとこない。そして何よりわからないのが「マイティ・キング」。「偉大な王」とか「無敵の王」というような意味だと思うのだけど、冷蔵庫には荷が重すぎるネーミング。当時の流行語だったりするのかしらん。

ヨシノ

「白物家電」と呼ばれた冷蔵庫や洗濯機、炊飯器等にこの時期柄ものが登場し た。これはまさにその幕開けを示す広告。「冷蔵庫の新しい時代が始まりました/あなたの個性からお選びください」とあり、この年から基本の白のほかに10種類のオーダーメイドができるようになったと書いている。これぞれのタイプには画像左上から「だんらん」「詩情」「並木道」「マイティ・キング」「グレイ シャス・プリンス」「白」「おもむき」「みやび」「みちのく」「よしの」「きそ」と名前がついている。白が59,800円のところスペシャルオーダーは61,800円と2,000円増。