テレビをこじらせた東京福袋が書いたノンキなコラム集。

[古雑誌広告00052]トプコンPR

カメラ

「古雑誌広告愛好会」は、昭和中期頃の雑誌に掲載されていた、現代とは一味違う広告をコレクションして楽しむ会です。なにぶん古い雑誌から収集した広告ですので汚れや破れが目立ちますが、何卒ご容赦ください。

品名 トプコンPR
掲載誌 週刊平凡
出版社 平凡出版
発行日 1960(昭和35)年4月6日

ミヤシタ

発売元の「東京光学」は現トプコン。公式サイトによると、「1932年9月陸軍省の要請で、服部時計店精工舎の測量機部門を主体に勝間光学機械製作所のレンズ工場施設を買収して設立。1989年、東京光学機械株式会社から株式会社トプコンに社名を変更」とのこと。ネットを検索すると今も愛用しているクラシックカメラファンも少なくない模様。いかにも昭和中期のカメラという感じのフォルムがナイス。

ヨシノ

「35ミリ」「一眼レフ」をわざわざうたっている。Wikipediaの「中判カメラ」の項によれば、「1950年代までは普及カメラといえば二眼レフだった」ということだ。小さくてカッコよかったんだろうなあ。