[古雑誌広告00037]信州味噌

食品

「古雑誌広告愛好会」は、昭和中期頃の雑誌に掲載されていた、現代とは一味違う広告をコレクションして楽しむ会です。なにぶん古い雑誌から収集した広告ですので汚れや破れが目立ちますが、何卒ご容赦ください。

品名 信州味噌
掲載誌 女性自身
出版社 光文社
発行日 1972(昭和47)年2月5日

ミヤシタ

「味噌=カッコいい」「味噌=おしゃれ」というイメージ推し。若者の味噌汁離れをおそれる味噌メーカーの必死な気持ちが伝わってくる。お味噌汁っておいしいし野菜も摂りやすいからヤングも好きだと思うよ。イラストはヤングっぽくないけど。

ヨシノ

>「マルエイ いりごま/すりごま」でもごまを無理やり美容に結びつけようとしていた。伝統的食品業界のヤングに切り捨てられることへの恐れがひしひしと伝わってくる。