特別な日の特別な歌(4)ハロウィン編

 さて、今回はハロウィンソングである。
 ハロウィンは昭和30年代生まれの我々の子ども時代には身近になかった行事。
 漫画「ピーナッツ」の中かアメリカのホラー映画の中にだけ存在する謎の行事だとばかり思っていたら、あれよあれよでいつの間にか日本でもポピュラーなイベントに。

 ウィキペディアによると、東京ディズニーランドでは1997年からハロウィンイベントが行われているらしい。
 1997年頃、実はTDLお膝元の浦安市に住んでいた。
 当時3歳になる保育園児と同居していたのだが、保育園でも小学校でもイタズラかお菓子かという例のアレや仮装行列は行われておらず、同じ市内でもTDLからは距離があったせいなのか、ついぞ我が家にはハロウィンのブームは訪れなかった。
 つのだりょうこおねえさんが卒業した年にどこかのハロウィンイベントに出演していた記憶があるのだけれど、体感的にはこの2003年あたりからハロウィンイベントが盛んになった印象がある。

 まあ、そんな感じではあるので、「おかあさんといっしょ」にハロウィンソングが登場する確率は限りなく低いと考える。そもそも「おかあさんといっしょ」にハロウィンの歌ってあったっけ?
 いやー、思いつかないなあ。最近の月の歌はチェックが甘いのでもしかしたら見落としてるかもしれないけど、5月と11月開催のファミリーコンサートの劇中歌にはなりにくいよね。

 ただし、オバケ、ガイコツ、カボチャといった歌詞が出てくるハロウィン的なイメージの曲ならある。
 「おばけになろう」とか「おばけなんかないさ」とか「ゴミゴミオバケ」(1990年4月の月の歌)、「わらうおばけ」(2016年5月の月の歌)、「迷子のゆうれいホー」(1999年7-8月の月の歌)とか。「黒ネコダンス」「シンデレラのスープ」もハロウィンっぽいよね。

 伝統的な行事として定着しているひなまつりや七夕、クリスマスのようにはいかないだろうけれど、オープニングのトークで「今日はハロウィンだね」とか「トリックオアトリートって言うのよね」みたいなセリフがあったりして、さらにオバケやカボチャが出てくる歌でハロウィン感をちょろっと匂わせてたら私の勝ちだな。いや何の勝ち負け。

 というわけで、ハロウィン当日の10月31日の放送をダメ元で調べてみた。

2016年10月31日(月) ×
2015年10月31日(土) あつまれ!土曜日
2014年10月31日(金) ×
2013年10月31日(木)
2012年10月31日(水) ×
2011年10月31日(月) ×
2010年10月31日(日) 放送なし
2009年10月31日(土) ×
2008年10月31日(金) ×
2007年10月31日(水) ×
2006年10月31日(火) データなし
2005年10月31日(月) ×
2004年10月31日(日) 放送なし

 12年分チェックしてみたが、やっぱりオバケソングは唄われてないか。残念。でも、まあそんなもんだよね。ハロウィンが「おかあさんといっしょ」に登場するのはまだまだ先の……と思ったら、出た! 出ました!
⇒10月31日のタイムテーブル

 どうせ1曲も唄われていないだろうとたかをくくりつつ調べてみたら、2013年10月31日の放送で「シンデレラのスープ」がビンゴ!
 三谷たくみおねえさんが甲斐甲斐しく働くシンデレラに扮して、カボチャのスープの魔法で水色のドレスのディズニー的プリンセスに変身! さらにだいすけおにいさん扮する王子様もカボチャのスープを飲んだら麗しのプリンセスに大変身! …という愉快なクリップ。

 いや、これは嬉しい。調べてみてよかった。
 これからはハロウィンが当たり前の時代に育った人達がどんどん番組に関わってくるわけで、今後の10月31日も要チェックですな。【み】